貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線3)

2095050601
(写真1)2095列車(当時)は途中駅での停車時間を使って先回りが出来た。
下り「まりも」も行った後なので、これに専念できる。
根室本線 直別-尺別にて。(特記以外2005年6月23日撮影。)

古瀬-音別の海岸線で下り「まりも」を見送った後は、途中で抜かれた2095列車を撮影しに厚内方向へ車を走らせるが、あまり時間がない。

結局、直別駅近くの踏切から出てくる2095列車を撮影した。

この日は原色機がやってきた。DD51が見られるだけでいいと思ってはいたのだが、原色が来るとうれしいものだ。

この列車を送ったら、車で次の場所へ移動する。

実は2095列車、途中の停車が何か所かあるので、そのたびに先回りができる列車なのだ。

2095050602
(写真2)音別の海岸線にやってきて2発目を押さえる。音別の停車中に先回りして間に合う。
根室本線 音別-古瀬にて。

写真2は音別の停車中に先回りして、先ほど「まりも」を撮ったところから2095列車を捉えた。

「まりも」の通過後に少し霧が出たけど、許容範囲だ。

白糠で停車するので、さらに先回りする。

2095060603
(写真3)白糠の停車中に先回りして撮った一枚。
根室本線 白糠-西庶路にて。2006年6月撮影。

多少のタイミングがあるのだけど、白糠停車中に先回りして撮ることができる。この日は更新機が先頭だった。

さらに西庶路での列車行き違いの停車中に先回り。

2095050604
(写真4)最後は庶路駅手前のカーブから狙って〆る。
根室本線 西庶路-庶路にて。

2095列車の最後は庶路駅近くの踏切で捉えた。

このカーブは、かつて「北斗星まりも」等で何度も来ている踏切だ。

ある意味、編成の長い列車を格好よく撮るにはいい場所だ。

この列車を撮影すると、朝の撮影が終わる。ようやく朝ごはんだ。

午前4時から6時半までが道東釧路方面撮影の楽しみだったことが、今更ながら懐かしく想い出される。

道東方面の6月。朝から晴れてくれることが本当に少ないので、起きた時点で晴れていれば、早起きした甲斐があったものだ。

そんな早朝時間の貨物列車も、現在では通過時刻が繰り下がっているので、撮影はしやすくなっているのではないだろうか。

しかし、DD51の姿を見ることはもうできない。

ある意味、いい時期にデジタルで記録できてよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線2)

2093050601
(写真)根室本線で帯広貨物駅以東を走る貨物列車を撮影するには、早朝が勝負だ。写真は2093列車(当時)
根室本線 古瀬-白糠にて。2005年6月23日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ 1/320sec f:4 ISO:250 AWB

この当時、根室本線帯広貨物以東の下り貨物列車といえば、3本中2本までが早朝に新富士に到着する。

特に、最初に到着する2093列車は早朝5時前後に新富士着なので、走りの写真を捉えるとなると、本当に日の長い時期に限られる。

しかし、6月の道東方面。天気は中々うまくはいかない…。

朝起きたら、雨が降っていたり、曇っていたり、晴れ予報にもかかわらず、濃い霧が立ち込めて撮影できずとかあったのだ。

車で寝ていたのに、朝起きたらがっかりなんてことが何度もあった…。

この日は前日夜に白糠の国道沿いの道の駅で寝ることにして、起きたのが午前3時40分。

6月下旬、この日は珍しく、すでに東の空が明るくなってきていた。

「これはいけるぞ!」

早速車で移動開始するが、通過時間を逆算すると、あまり時間がない。

早朝で、日の向きがいい場所が限られている。

白糠駅近くから、線路沿いの側道に入って眺めてみると、何とかなりそうだ。

時計は4時10分を過ぎている。定時なら、ほどなく列車が来る時間だ。

急いでセットして画角を合わせて、露出を決める。

やっとセットし終わったのもつかの間、踏切が鳴り出した。

やがて、右端からDD51が顔を出した。定時だ。

次位以下コンテナは満載。ピントを置いたところからシャッターを切った。

結果はご覧の通りだが、早朝4時台に通過の2093列車。ようやく捉えることが出来てほっとした。

本当に撮影するのが難しい列車だったので、撮れた時はすごくうれしかったことを覚えている。

現在、根室本線の貨物列車は、最初の便の新富士(釧路貨物)着が午前7時前後なので、ここまで早起きする必要はなくなった。

当時の早朝撮影は、2093列車・まりも・2095列車と、早朝1時間半くらいで3本イケるので、撮影効率がいい。

次回は、当時2番目に新富士に到着する2095列車(当時)についてコメントしていく予定です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線1)

根室専貨下り9503
(写真)撮影を始めた頃、帯広貨物以東にも専用貨物列車の設定があった。
しかも、道内で現役で活躍するトキ25000の姿が見れたのはこれが最後だったような…。
根室本線 白糠付近にて。1995年3月撮影。

旧鷲別機関区所属の最後のDD51が運用落ちしてから、間もなく1年…。

彼らが道内主要各線で活躍していたころの写真を紹介していきたい。

最初の写真は、釧網線へ継走される貨物列車の写真だ。

まだ釧網線で貨物列車があった頃のもの。

この列車自体、1997年頃までは設定があったような気がする。

白糠辺りを夕方早い時間に通過するのだが、まだ3月上旬。日が傾きだすと風が冷たいのだ。

完全な逆光だけど、夕日がきれいだったので、光線に関係なくシャッターを切った。

今では、釧路貨物(新富士)から発送の貨物列車は1日3本。

燃料輸送を含む車扱貨物は見る影もなく、釧網線への継走も、DD51もすでに過去のものになった。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

JR貨物北海道支社で唯一生き残ったDD511150号機(3)

14101901
(写真)秋口午後の撮影は、DD51牽引のジャガイモ臨貨8050列車(当時:現8054列車)が撮影できることだ。
室蘭本線 礼文-小幌にて。2003年10月撮影。

実家のライブラリを探していたら、秋口に設定のあるジャガイモ臨貨牽引の1150号機の写真が出てきた。

当時、この時期の室蘭線本輪西以西での撮影で、ブルトレタイムの後の午前遅い時間の4091列車(当時)に加えて、午後早い時間の8051列車、8050列車と、日中時間帯に3本のDD51の貨物列車が撮影できることだ。

今こうして写真を見ると、改めて、

「いい時期に撮影に出ていて良かったなぁ。」

と、思うのです。

そういえば、この列車。ジャガイモ輸送専用列車なので、積まれるコンテナが全て通風コンテナで統一されているという特徴があり、編成の統一感を好む人にとっては、期間限定ながら、編成美が楽しめる列車なのだ。

この写真も、すでに10年以上前の写真なので、コンテナもひと世代前のV18系のコンテナがきれいに積まれていたことを写真からも見て取れる。コンテナブルーが懐かしい…。

ただ、この列車も、いまではV19系コンテナでまとめられているのだけど…。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51

JR貨物北海道支社で唯一生き残ったDD511150号機(2)

fdd11503082
(写真)「北斗星1号」(当時)と北舟岡駅で交換する3082列車(当時)の先頭に立つ1150号機。
室蘭本線 北舟岡にて。 2006年9月20日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ 1/500sec f:4.5 ISO:200 AWB 動体予測機能併用。

この日の朝は、前線を伴う低気圧が通過した後で風が強く、この歩道橋に立つのがきつかった。

天気があまり期待出来なかったので、北舟岡駅で3082列車との離合シーンを撮影しようと思いこの駅へ。

三脚をセットしてレンズを合わせたら、ほどなくして列車の接近放送が。

「北斗星1号」の通過にはまだ早いので、上り3082列車だ。室蘭方向の遠目からDD51が見えてきた。更新機だ。

退避側に入ってきたところからタイミングを計ってシャッターを切り始めた。

本来、朝から晴れたら、完全に逆光になってしまうのだが、曇っていたおかげで撮影できた。

この列車も、この頃の室蘭本線の貨物列車で本輪西以西で見られる貴重なDD51牽引列車の一つだった。

JR貨物北海道支社所有のDD51の現役時代の写真は、まだ紹介できると思うので、機会を見て紹介していきたい。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51

JR貨物北海道支社で唯一生き残ったDD511150号機(1)

fdd11502093
(写真)根室本線では、早朝通過(午前4時台です!)の2093列車(当時)をどうしても撮影したかった。
根室本線 古瀬-白糠にて。2006年6月2日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250sec f:4.5 ISO:500

鷲別機関区廃区と共に運命を共にしたと思われた貨物所有のDD51。

しかし、1150号機だけが残されて、札幌(タ)で入換に従事している。

恐らく、これが最後の仕事になるだろう。

この機関車に関する私なりのエピソードを、何回かに分けてこのブログで紹介することにしよう。

1回目は、当時早朝に設定のあった根室本線の2本の貨物列車の中でも、特に早く到着する2093列車。

新富士到着が5時前のこの列車。撮影できるのは夏至の前後1か月が勝負になる。

しかし、この時期の道東、早朝はガスに悩まされて撮影どころではなくなることが多い。

この日は「夢空間」が早朝釧路まで入線の日。晴れたら、3時半には外が明るくなる。

「もしかしたら、2093レが撮影できるかも?」

前日。白糠で「まりも」(当時)を見送り、道の駅で車中泊。

翌朝3時40分。東の空が明るくなってきた。ガスはかかっていない。シメた!

「これはいけるぞ!」

車を走らせ、日の向きに合いそうなところを選んでロケ地を決定。

6月上旬の道東。車から降りるとひんやりする。

時間が迫っているので、取り急ぎカメラをセット。

やがて4:15を過ぎて踏切が鳴り出した。遠目からDD更新機が見えた。正面が輝いている。

タイミングを計ってシャッターを切った。

切り終わった途端に、この時間、この光線で撮影できたことに対するうれしさが込み上げてきた。

「2093列車を捉えるのは難しいと思っていたけど、撮れてよかった…。」

この後、移動しながら、「まりも」、「夢空間」、2095レを撮影したのは言うまでもないが、今見返しても、

「この光線で2093レが撮影できてよかった。」

と今でも思うのである。

道内での撮影では、旅客に限らず、貨物のDDに対する思いや、あらゆるシーンを組み合わせて撮影を続けてきた。

そういう思いをぶつけた結果を、こうして紹介するのが良かったりするのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

どうしても残しておきたかった写真(石北線重連貨物列車(1))

seki9559020301
(写真1)常紋に限らなければ、こういうシーンが撮影できるのも石北本線ならでは。9559列車(当時)。
石北本線 瀬戸瀬-遠軽にて。2002年3月撮影。

このブログも始めてから来月で3年を迎える。本当に時間が経つのは早い。

今年も自分なりに色々書いていきたいと思う。

さて、今回のテーマは・・・、

北海道撮影旅行で寝台列車撮影に次いで、特に覚えているのが、これから何回かに分けて紹介する予定の、

「石北線DD51重連貨物列車の撮影。」

時期は2002年2月下旬。ある先輩(今も大変お世話になっています。)から、

「石北線の貨物列車は、日中にDD51の重連が多数拝めて、組み合わせによっては原色同士なんて見られて、常紋に行かなければ、何度もシャッターチャンスがあるから面白いんじゃないかな?」

この一言に、北海道の列車撮影を楽しんでいた当時の私は、

「むむむ!面白そうだ!行きたい!」

これをきっかけに、2004年秋までの間に4シーズン(2002年・2003年・2004年春・2004年秋)と通うことになる。

写真1は、最終日の9559列車を比較的開けた所から撮影したもの。この列車が遠軽から北見に向かうシーンを撮影したら、今回の撮影旅行はおしまいだ。

この日は朝からとてもよい天気だったが、朝がすごく寒かったのを覚えている。8557列車を撮影(これは後日紹介予定。)した後、列車間合いを使って瀬戸瀬方面へ移動。

「1枚くらいは風景のわかる絵が欲しいなぁ。」

瀬戸瀬付近から線路と並行する道路を走っていると、何気に見通しの良さそうな場所を発見!

「ここで1枚戴こう!」

9559列車の通過時間までは余り時間がない。すぐにカメラをセット。程なく列車がやってきた。

コマツ更新機同士の重連だったが、そんなことは言っていられない。タイミングを合わせてシャッターを切った。

結果は見ての通り。

晴れた雪原の中を行く列車の写真は、是非一度撮ってみたかったので、記録出来てよかった。

ただそのとき、

「あれ?次位機が随分きれいじゃないか?検査上がりかな?」

この列車の撮影を終えて、下り特急「オホーツク1号」の撮影を済ませた後、北見方面へ移動。

「日の向きからすると、生野辺りが良さそうだ。遠軽から前ソになるきれいなDD51が見たい!」

seki9559020302
(写真2)この撮影旅行の〆は、更新機ながらも検査上がりできれいな1158号機先頭の9559列車。
更新機同士の重連だが、統一感があり見ごたえがある。
石北本線 生野にて。2002年3月撮影。

写真2は、生野駅近くの踏切にやってきた。直線で中々いい感じ。ただ、この時間なると、うすい雲が湧いてきた。

「RVP(+1)だと厳しいな。」

ここで、サブカメラに装てんしてあったE100VSで撮影することに。

やがて、9559列車の通過時間。きれいな前ソは1158号機だ。タイミングを合わせてシャッターを切った。手ごたえがあった。

コマツ更新機同士の重連で、しかもきれいな1158号機を押えられたことが良かった。右側のキロポストは御愛嬌か。

このとき、初めて石北線で撮影したのだが、短期間の撮影だったために、この列車が撮影終わった途端に、帰るのがすごく惜しくなったこと。

来シーズンもこの時期に石北線で撮影したいと誓ったことを思い出します。

撮影自体は、日中の時間帯にあれだけ大好きなDD51の、しかも重連貨物列車が拝めてとても充実した撮影だったことを、今でも思い出します。

4シーズンの撮影を通して、特に印象に残っている写真(フィルムで記録したものを中心に。)について、語っていくことにしたい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

冬の貨物列車撮影の醍醐味(1)

雪まみれのDD51貨物列車
(写真)この年の3月上旬は、厳しい天候が続いた。
室蘭本線 豊浦-大岸にて。 1999年3月撮影。

これも今となっては、かなり荒削りな写真だが、1枚の写真を紹介したい。

この時も、毎年春先に憧れの北海道寝台特急を撮影しに、北海道へ。

この冬の北海道の局地的な豪雪も驚きだが、この日は夜の内に吹雪いたようで、特に北空知や上川辺りはすごかったようだ。

当時、寝台特急が来る前の上りの高速貨物列車3本の内、2本がDD51の牽引列車だった。最初の2本が通過して、時計は6時20分を過ぎた。間もなく3本目の間の貨物がやってくる。ほどなく、近くの踏切がなり始めた。

カーブを抜けた所から、ファインダーを覗き、被写体に集中する。

やがて、ファインダーの中に雪まみれになったDD51が見えてきた。狙ったところから夢中でシャッターを切った。

仕上がりを見た時は、正直余り実感がなかった。原色なのはわかるけど、何番だかわからない。

しかし、時間が経ってよくよく眺めていると、DD51はすごい雪まみれだ。

走行中に相当雪を喰らったのか、ビッシリ雪が付いて流れ、さらに付いた雪が解けたと思えば、走行冷却で見事なまでに凍結している…。豪雪との戦いの跡が見て取れた。

「この写真は敢えて紹介したい…!」

確かに冬の撮影は厳しいし、条件もきつい。

だからこそ、雪の中を走る列車が輝いて見えるような気がするし、それを撮影することが、ある意味楽しみになってしまっているのかもしれない。

とにもかくにも、冬の撮影はどういうわけか?!ワクワクするのである。

まだまだ冬の絵は紹介していきたいので、大したことはないけど、エピソードを交えながら紹介しようと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR