カシオペア紀行(11)

カシオペア紀行盛岡下り171202
(写真1)寝台列車とか夜行列車はこういう雰囲気の絵が良かったりするのです…。
カシオペア紀行盛岡」下り。
東北本線 上野-尾久にて。2017年12月2日撮影。

ようやく、蒼い時間の始まり、寝台列車にふさわしい時間帯を行く「カシオペア」の写真を撮ることが出来た。「カシオペア」で、この写真を狙っていたのだ。

せっかくデジタルになって、高感度の表現が良くなっている手前、フィルムの時と比べると、時間帯に見合った(イメージ)表現がしやすくなったことが本当に大きい。

日が短い時期だからこそ、意図的に時間変化のある写真を作り上げることが意外と面白かったりするのです。

--------------------------------------------------

先週の課題を片づけに井堀に向かった。

14:30過ぎに現着したものの、先客は1人のみ。
学生が期末試験に入っているからだろうか?
それとも、133号機なのであまり人気がないのか…。

列車の通過時間まではそこそこあるので、1人の時は撮影の合間によくラジオを聴いていることが多い。
カシオペア通過までの時間帯に好きなラジオ番組が放送中で、その番組を聴いていると、不思議と気持ちがリラックスしてきていいのだ。

そのせいか?!列車通過時にはさして緊張することなく、シャッターを押せるようになったのが大きい。

今までホント、特定の狙いを付けた列車の撮影の時は、出かけるときから思った以上に緊張したりしていたのだ。

それが嫌で、出向くことそのものから逃げていたような気もする。

どうして、もっと早くこのことに気が付かなかったのだろうか?

ちなみに推回列車は…、

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF81 カシオペア

カシオペア紀行(10)

カシオペア紀行秋田下り17112501
(写真)11月下旬、日没間際の列車の撮影は露出との戦いになってしまった。
下り「カシオペア紀行秋田」。
東北本線 上野-尾久にて。2017年11月25日撮影。

最初、機番を見た時にはあまり触手が動かったのだが…、

「もしかしたら、やりたい絵が撮れるかもしれない…!」

ただ…、11月下旬は一年で一番日の入りの時間が早い時間。

カシオペア紀行」の井堀通過時刻は、日の入り時刻の数分前だ。
日没間際の時間帯に撮影しようと考えて出ることを決めたのだが、果たして、自分の狙った絵が出来るかどうか…。

推回の時刻の時はまだ大丈夫だったが、徐々に西側に雲がかかって来てしまい、16時を回った辺りから急速に露出が落ちて来てしまった。

「う~ん、狙った絵はできるだろうか…?」

やがて通過時刻になって、「カシオペア紀行」は現れた。

タイミングを見計らってシャッターを押したが、結果はご覧のとおり。

やっぱり、機関車が牽く寝台列車は良い。

しかし、構図は狙った通りだったものの、西側に雲がかかってきてしまったことで、最初私が考えていたイメージとは違うものになってしまった。

さらに撮影間際になって、私の頭の中にあるイメージ選択に対して迷いが出てしまった。

次回は考えていたイメージで撮影してみたいので、お天気が許す限りやってみようと思う。
日没間際の時間変化は、私にとって好きな時間帯の一つでもあるので…。

あと何回走るのかわからない「カシオペア紀行」。

この時期の日の短いなりの撮影をしてみたい。

ここでご一緒した皆様、お疲れ様でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(9)

カシオペア紀行盛岡下り0915
(写真)ようやくこの姿を捉えることが出来た。「カシオペア紀行」盛岡下り。
東北本線 上野-尾久にて。2017年9月15日撮影。

「この姿を捉えたかった…。」

前回の登板の時は、見事に被られた「カシオペア紀行」…。
今回は金曜日。ひょっとして今日は鉄な人はあまりいないかもしれない…。

推回40分前に井堀に着いた時点で1人しかいなかった。

やっぱり撮影は平日に限る。
慌てていかなくても撮影場所が確保できて、ストレスが溜まらなくてよい。

ただ…、井堀に向かう時点で宇都宮線人身の情報が…。

「もしかすると、推回は遅れて被りか?」

案の定、推回は遅れて出て来た挙句、下りに被られ敢え無く撃沈…。

そうなると、

「営業下りも、あの常磐線からの回送列車に当たるのか?」

やがて時計は16:20を回り、高架下りが点滅する気配がない…!
ようやく地平下りが先に点滅し始めた…。

「これはイケるかもしれない…。」

1分以上してから高架下りが点滅。まず大丈夫だ。
程なくして、ローズピンクに塗った81号機先頭の「カシオペア紀行」が現れた。
タイミングを計ってシャッターを切った。

結果はご覧の通り。
天気は曇ってしまったけど、このアングルで81号機の絵が欲しかったのは、言うまでもない。

この場所でご一緒した皆様、お疲れ様でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF81 カシオペア

本来はこのアングルで撮りたかったのだが…。

黒磯試単戻り2016年3月
(写真1)8月19日発の下り「カシオペア」はこの機関車だったので、このアングルで行こうと考えてはいたのだが…。
写真は、黒磯試単の田端戻りを撮影したもの。
東北本線 上野-尾久にて。2016年3月8日撮影。

8月に入ってからの天候不順には本当に参ってしまう。

実際に撮りに行こうと思ってはいたのだが、午後からの雷雨で撮影に行くことを断念。

果たして、もう一回くらい回って来るのだろうか…。

2枚目にまだ札幌行があった頃の上り推回列車を…。

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(8)上りは最終回?

カシオペア紀行上り推回2017年1月
(写真)「カシオペア紀行」の北海道行が終わると、HM付きの上り列車を見ること自体、難しくなる。
カシオペア紀行」上り(推回)。
東北本線 尾久付近にて。2017年1月16日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250Sec f:9 Iso:100 WB:太陽光 動体予測機能併用。

今日の上野着をもって、「カシオペア紀行」上り列車の設定が終了した。

今回紹介する写真は、1月中旬に撮った「カシオペア紀行」(上り)の推回列車を尾久駅近くの踏切(回送線用)で捉えたもの。

実は、EF510の時にも撮っている場所の一つだけど、敢えて今まで公開しないようにしてきた。
ほとんどの人はイン側から撮影するこの場所。

ただ、イン側から撮るとごちゃごちゃした雰囲気になってしまうような気がする。

ならば…、敢えて不要なものは全て処理してしまった方が良いのではないかと思った結果…、

実際、アウト側から撮影した方が見栄えがするのではないかと思える場所なのだ。
私自身はこう撮ったほうが、面縦アングルがしっくり来る場所だと思うのだが。
左端の55キロの制限標もアクセントになる。

3月以降も、かろうじて「カシオペア紀行」自体は残るものの、本州内運転になるために上り列車の設定がない。

となると、「カシオペア紀行」(北海道)が終わってしまうと、上りの営業列車並びに上り列車到着後のHM付きで推回のシーンを見ることはかなり難しくなるのではないだろうか?

1月に入ってから、時間の都合がつく限り、上り列車の撮影はしてきた。
意外と上り列車並びに推回列車を押さえておくことに意味があるような気がするのだ。

この列車の設定そのものが終わってしまうと、機関車にヘッドマークを付けた寝台列車は姿を消すことになる。

その姿が見られなくなると、一つの区切りのようなものを感じざるを得ない。

ちなみにEF510時代の写真は…、

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(7)

カシオペア紀行推回2月11日
(写真1)推回をどう表現しようと迷った挙句に撮った一枚。
東北本線 尾久-上野にて。以下撮影日は2017年2月11日撮影。
EF200㎜ F/2.8LⅡ 1/125Sec f:7.1 Iso:100 AWB 動体予測機能併用。

今日の「カシオペア紀行」は、久しぶりの80号機が登場。

久々、私の友人が上京するということなので、ここで撮影しようと約束し、井堀へ。

フツーの星ガマの井堀通過の絵も欲しかったので、14時45分過ぎに着いたものの、マイポジションは既に先客に確保されている。さすがに休日だ。

ただ、前の方に私の友人以外誰もいなかったことが幸いし、友人の後ろから抜くことに。
しかし…、この場所、推回の写真をまとめるのには厳しい場所で、いつもどう撮ろうか悩むところ。
友人と話をしているうちに推回列車の通過時間に。

「これは思い切って切り取った方が良いのではないか?」

という決断をして、思い切り切り取った。(写真1)
結果はご覧の通りだが、たまにはこういう絵もありなのではと思ってしまった。

北海道から久しぶりに来た私の友人に感謝感謝である。

下り列車の写真は…、

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(6)

カシオペア紀行上り2月6日
(写真)ちょっと詰めが甘いが、これは仕方がないのか?「カシオペア紀行」。
東北本線 鶯谷にて。2017年2月6日撮影。
EF135㎜ F/2L 1/60sec f:13 ISO:100 WB:オート 動体予測機能併用。

「今日は正直間に合わないかと思った…。しかも薄曇り…。」

仕事が終わって、電車を乗り継いで鶯谷に着いたのが11:47!

程なく、京浜東北線の南行快速が通過。しかし…!

まだ「カシオペア紀行」は来ていなかったのです…。

慌ててカメラをセットしたら、姿が見えた!しかも低速…!

「今日は被らない!絶対間に合う!」

露出を決めて軽く振って、タイミングを計ってシャッターを切った。

少し詰めが甘かったような気がするけど、EF81で駆け抜ける姿を残しておきたかった。

時間がなくても、慌てず落ち着いてシャッターを切ることが大事だと痛感した撮影だった。

果たして、来週は被らずに済むだろうか?

カシオペア紀行(札幌発上り)はあと3回。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(5)

カシオペア紀行下り2月4日
(写真)先週の失敗を何とか回収した。下り「カシオペア紀行」。
東北本線 日暮里にて。2017年2月4日撮影。
EF50㎜ F/1.4 1/125Sec f:5.6 ISO:400 動体予測機能併用。(一部トリミング)

今月は北海道行4回、盛岡行1回の「カシオペア紀行」。

先週に引き続き98号機が登場。さすがに1か月で3回登場すると、人出もひと段落になる。

どうしても、この写真を撮っておきたかった。

2月に入って、日の長さを実感するようになってきた。露出の調整がしやすくなっているからだ。

今日も調整はしやすかった。

もう、来週土曜の下りは98号機ということはないだろうが、ここまで来ると、あと何号機が姿を見せるのかが気になるところだ。

特に札幌行最終回は「あの機体」が入るだろうし、元お召し機辺りもあと1回くらいは姿を見せるだろう。

フツーの星ガマで「カシオペア紀行」が見られることが、ある意味良かったりするのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(4)

カシオペア紀行推回17年1月30日
(写真1)この姿を残しておきたかった。「カシオペア紀行」推回列車。
東北本線 鶯谷にて。2017年1月30日撮影。

今日は参った。

1月にしては暖かかったので、敢えて井堀を避けて鶯谷に行くことに…。

しかし、先週は上り「カシオペア紀行」は被らなかったのだが、今日は京浜東北線南行快速に見事に被られ撃沈!
さすがにこれでは納得できないので、推回を撮影することに…。

1月も間もなく終わりだ。学生が後期末試験が終わっているところが出始めているのか、推回までの間に徐々に人が集まってくる。
最終的には10人以上になって推回の時間を迎えた。

京浜東北線南行快速が通過、上野東京ラインからの直通電車も通過した。
これで被るリスクはない。

やがて、 「カシオペア」客車が見えてきた。これは大丈夫だ。
タイミングを図ってシャッターを押した。

写真はご覧の通りで、パンタが串刺しになってしまったりしているのだが、81牽引のこの姿を残したかったのだ。

北海道行は、残すところあと4回。
来月は学生が試験休みや春休みで、「ド定番」と言われる場所では恐らく人出が多くなることが予想される。

さて、どこで撮影しようか…。

以下に失敗した28日の下り「カシオペア紀行」を入れておこう。

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

カシオペア紀行(3)

カシオペア紀行1月21日下り
(写真)年末以来、再度95号機の登板に…。下り「カシオペア紀行」。
東北本線 上野-尾久にて。2017年1月21日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ +Ex.1.4× 1/500Sec f:5.6 ISO:1250 WB:10000K 動体予測機能併用。

今日の機関車運用は最後までどっちなのかわからなかった。

95号機なのか133号機なのか…。

まぁ、いずれにしても、今日は井堀で撮りたかったので、出向くことに。
この場所で81牽引の「カシオペア」を撮りたかったのだ。
とにもかくにも、1回1回出向いたところでシャッターを押すことが記録になるから。

ただ、実際に出向いてみると、思ったほど人はいない。
人が少ないのは、ストレスが溜まらなくて良い。

やがて推回列車が通過。95号機だ!

「あぁ、95号機ですか…。」

1月も下旬に入り、徐々に日没時間が遅くなってきている。
冬至の頃に比べたら、露出の落ち方もゆっくりになってきている…。

あとは常磐線からの回送列車に被られなければいいのだが…。

やがて16時20分を回って間もなく通過時間だ。
地平下りの接近灯が先に点滅。しかし!その直後に高架下りの接近灯が点滅!

「並走か被りか…?」

先に顔を出したのは95号機牽引の「カシオペア」だ。

「これは絶対大丈夫だ!」

ピントを追い始めて、タイミングを計って連写!
列車が目の前を通過して程なく外側から常磐線の回送列車が通過していった。

プレビューを見て、

「510で見慣れたアングルではあるけど、81それも95号機というのが良い。」

「やっぱり81はHMが付くと凛々しいなぁ!」

「この時期ならではの絵になった。」

「夕方まで晴れて風があったおかげで陽炎の心配もせずに済んだ。」

もちろん、望遠レンズでの撮影では、陽炎は気を付けなければならないことは言うまでもないが、

それ以上に、

「画素数増える。=特に望遠域でシャッター速度を上げないと、角度によってはブレる。」

ということも、頭に置いておかなければならない。

デジタル一眼の場合、特に望遠域でフィルム感覚のシャッター速度で切るとブレるのだ。
これは気を付けなければならない。

逆にいえば、フィルムだったから低速でも止められたと言ってもいいだろう。

「望遠域だから、フィルムの時と同じシャッター速度でも大丈夫だろう。」

は、まかり通らないのである。

撮影に来ていた皆様、寒い中長丁場お疲れ様でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア EF81

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR