夕日バックの「アクセス特急」を撮る(2)

3030編成アクセス特急18年6月1
(写真1)3050形以外の「アクセス特急」は撮影できるとうれしかったりします。
京成本線 町屋-千住大橋にて。2018年6月5日撮影。

期間限定ながらも、夕暮れ時に上野発の「アクセス特急」を撮れるのはこの時期ならではかもしれない…。

夕日バックで、行先表示のLEDを浮かび上がらせるのが良かったりするのです。

順光写真もいいけど、こういう絵を撮るのも面白かったりします。

写真のように、3050形以外の編成が入ると、ちょっとうれしかったりします。

時々刻々と変化する時間帯に撮影するのが良かったりするのです…。

実はこれだけにとどまらず…、

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 京成

日没前後に通過する「アクセス特急」を撮る。

8京急1153アクセス特急下り171112
(写真1)すっかり日の暮れるのが早くなって、日没前後の時間に八広を通過する京急車の「アクセス特急」。
京成押上線 八広にて。2017年11月12日撮影。

しばらく撮影に出ていないうちに、すっかり日が短くなってしまってしまった。

15時を回ると斜光線になり、15時30分を過ぎると徐々に露出が落ちていく…。

元々、効果を狙った写真を撮ろうと出たものの、本来撮ろうとしていた場所は、すでに高架工事の絡みで高い柵が出来て、とても撮影にはならなかった。

持ってきたレンズも、効果を狙ったものを撮ることしか頭になかったために、まったく融通が利かない!

「さて、困った…。日没までの時間もない…。」

ならば…、

「八広の押上よりはこうした絵を撮った記憶がない。じゃあ、ここでやるか!」

結局、立石から四ツ木まで歩いて、京成線にひと駅乗って八広に。

時計は間もなく16時。もう日没まで時間がない!

下りホーム中ほどから望遠レンズで抜くことに。これが一番しっくり来る。

駅撮りはホーム端が一番良いかと思われるが、必ずしもホーム端で撮ることが一番良いわけではないのだ。

電車はすぐ来るものの、1本行くたびに露出が落ちていく。

写真の「アクセス特急」の通過時間になると、すでに太陽が隠れてしまった。

となると、

「夜の始まりのような写真が撮れたら面白いかも?」

結果はご覧の通りだが、昼間の時間が終わってこれから夜の時間が始まるような色合いに仕上げることが出来た。

ただ、撮影はこれで終わるわけにも行かず…、

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

さよなら北総7260!

n72681001n
(写真)この列車が、営業列車としては京成線内最終列車となった北総7260形。
京成線 町屋-千住大橋にて。2015年3月22日撮影。

普段は最終日とかには出向かないのだが、この車だけはどうしてもやっておきたかった…。

今日のこの列車をもって、京成線内の営業を終了した。

この列車には、本当にいろんな意味で振りまわれた…。

沿線に撮影に出た時に限って運用無だったり、あっても午前中で運用が終わってしまったり…。

客で乗るときに限って出くわしたり…。

7250形の後継として運用された7260形。昭和の京成顔がこれで終わりを迎えることになった。

沿線でお会いした皆様、お疲れ様でした。

とともに、直前で場所を譲って戴いた方に多大なる御礼を申し上げます。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

ありがとう北総7260形

N7268150301
(写真)先日の京成3300形に続き、リース車両の北総7260形も19日で運用を終了した。
京成線 青砥-京成立石にて。2015年3月16日撮影。

先日、京成3300形がさよなら運転を行ったのは記憶に新しいが、今度は同型車で北総にリースしていた7260形が、22日のさよなら列車をもって運転を終了することになった。

後継のリース車は京成3700形になるようなので、3150形以来続いてきた抵抗制御で発電制動のリース車は打ち止めとなる。

とともに、北総鉄道から普通鋼製車体の電車が消滅することになる。

これで、北総鉄道も営業車は全車ステンレス車に統一される。

運用に入ったのは以下の通り。(確認分のみ。)

16日:21N、18日:39N、19日:21N

長い往復と印旛留置(39N)に入れたことが特筆される。

この電車の離脱で、昭和40年代中ごろまでの車が姿を消すことになった。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

京成3300形終焉へ。

k334401
(写真)昭和44年に製造され、冷房改造を経て、平成3年頃から更新された京成3300形
いよいよ終焉を迎えることになった。
京成本線 町屋-千住大橋にて。2015年2月10日撮影。

京成で最後まで残った鋼製の抵抗制御車だった3300形

晩年はトップナンバー車を含む4連2本が最後の活躍を続けてきた。

2014年度も引き続き、新3000形8連2本が増備され、これと入れ替わる形で、長年京成線を走り続けてきた3300形が引退することになった。

かつては、4両編成は去ることながら、8両編成で特急列車や都営線や京急線直通運用にも入っていた。

しかし、新3000形の増備が進むにつれて、徐々に運用を離脱。

一部編成で創業100周年リバイバル塗装を施した編成もあった。

最後は4連2本で金町線や千原線を中心に走り続けてきた。

2月27日のさよなら列車をもって引退することが発表された。

鋼製車で抵抗制御車が終焉を迎えるということは、京成の一つの時代が終わるような気がする。

さらに、今回増備の新車と入れ替わる形で、北総へ新規のリース車が発生するようだ。

現在リース中の7268編成も、すでに先が見えてきている。

京成3300形が終焉を迎え、同型車の北総7268編成は見かけたら記録に残した方がいい段階に来ている。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 京成 3300形

貴重な夕暮れの離合

k36and37140601
(写真)久々のきれいな夕暮れで、それを狙った写真を撮っていたら、離合が撮れた。
京成本線 町屋-千住大橋にて。2014年6月1日撮影。
EF200㎜ F/2.8LⅡ 1/125sec f:8 Iso100 WB:10000K 動体予測機能併用。

昨日は朝から暑かったけど、夕方まで雲一つないすっきりした天気だった。

70分遅れで上野を発車した「カシオペア」だったが、撮影時の手ごたえがいま一つだった。

ただ、列車通過後、

「今日はきれいな夕焼けが拝めそうだ。」

こうなったら、出来れば日没近くまで夕日バックのところで撮影したい。

日没まであと1時間。あまり時間はない。

ふと、

「あの場所で撮ろう!」

思いついたら、新三河島から京成線に乗り、千住大橋で下車。いつもの築堤カーブへ。

18時10分を過ぎて、徐々にいい雰囲気になってきた。

この時間帯は、アクセス特急や快速特急、スカイライナーと撮れるものが豊富で飽きない時間帯。

撮影を始めると、中々いい感じだ。

待ち合わせの普通高砂行が通過して、ほどなく下り快速特急が遠目に見えると同時に上り上野行が目の前を通過。

「ひょっとして、うまく離合するかな?」

結果はご覧のとおり。

上野行が8連だったおかげで、うまく離合した。

もし上野行が6連だったら、こういう絵は撮れなかったと思う。

表示のLEDを切らない点もポイントだ。

たしかに、いつもの絵ではあるのだけど、本来意図したもの以上のものが撮れるとうれしかったりします。

日没前後や、日の出前後ってホント、いい絵が作れる絶好の時間のような気がする。

日中日の当たっている時間だけに撮影を絞って、夕方になったらカメラバックにカメラをしまわないで、むしろこの時間から撮影を始めるとわくわくするのは気のせいだろうか?

梅雨が近い…。

今週後半は、もう天気が期待できないだろう。

梅雨直前のきれいな夕焼けを逃さなかった点が、何と言っても大きかったし、さっき失敗した「カシオペア」撮影のことを吹っ飛ばしてくれたような気がする。

夕焼けの時間帯は写欲がわきます。機会があればやってみたい。

まだまだやってみたい場所はあるので、今度は別の場所で撮ったものを紹介したい。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

どうしても残しておきたかった写真(京急旧1000形で川崎以南を走る「急行」)

京急旧1000形の急行
(写真)京急旧1000形で運転される川崎以南の「急行」も消えてから久しい。
京急本線 仲木戸にて。1998年10月撮影。

現在は「エアポート急行」として、羽田空港~新逗子間を走っているが、かつて、川崎以南にも長い間にわたり「急行」の設定があったものの、この写真を撮影した2・3年後に川崎以南から「急行」が消えてしまい、「エアポート急行」が復活するまでの間、川崎以南は日中時間帯は「快特」と「普通」のみの随分と両極端なダイヤが続いていた。

しかし、写真の頃の川崎以南の「急行」といえば、都内を走る「急行」とは違い、一部の時間帯を除いてほぼ京急車で独占され、その中でも、800形や旧1000形が多く運用されていた。

丁度この頃、快特専用車の2000形に変わり2100形の増備が始まり、それと入れ替わりで700形や旧1000形の廃車が徐々に進み始めた時期でもあった。

「どうもこの先の旧1000形の運用が気になる・・・。」

1998年の10月下旬、まだ朝早い時間ながら、仲木戸駅の上りホーム横浜よりの先端付近にいた。

「旧1000形は出来る限り記録に残しておきたい…。」

とにもかくにも朝のラッシュ時間。何でもやってくる。どんどんシャッターを押していくが、旧1000形の半減車(白幕・冷房改造車。以下半減車。)は影の長い時間帯に通勤快特で1本通過したきりだ。

「あれ?これで半減車は終わりか?」

一通り撮影して、ラッシュ時間が終わりに近づく頃、ようやく半減車先頭の「急行」が!!

これは夢中でシャッターを切った。平日だったというのもあるが、他に撮影者は誰もいなかった。

1灯ライトに白幕方向幕。それに端正な前面・・・。乗降扉が片開き扉はまさに往年の京急通勤車の顔だ。

旧1000形半減車の「急行」。よくよく写真を眺めてみると、後ろ2両はB改車(黒幕・新製冷房車。以下B改車。)が連結されている。

よくよく車番を見れば、前6両は加減速時に特徴のあるモーター音がする三菱電機製のモーターにこれまた乗り心地が特徴的なOK台車を履いた編成ではないか!

今でこそ、「エアポート急行」辺りでは4+4の8連とかもあるけれど、この頃の旧1000形の運用によっての組成の自由度(写真のような6+2連をはじめ、4+2連や4+4+2+2!等。)には敵わない。

京急の電車自体は過渡期だったが、1大勢力を築いた旧1000形がこの後あっけなく姿を消すとは、この頃には思いもしなかったのである。

#この頃の記録した京急線の写真は、色々紹介していく予定です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

どうしても記録しておきたかった写真(京成編・京成3500形未更新車の「(飛)特急」)

京成3500形未更新車の「(飛)特急」(1)
(写真)京成3500形未更新車6連の「(飛)特急」は押えておきたかった。
京成本線 京成関屋にて。1998年12月撮影。

1998年11月中旬のダイヤ改正から現在の「エアポート快特」(当時の京成線内は「特急」)の運転が羽田空港~成田空港で始まり、京成線内の電車運用が大幅に変わったことは、前回のコメントで触れた。

まだ、この頃は平日の日中時間帯に6連の「特急」(当時の表示は「(飛)特急」)があり、3500形の中には未更新車のみで6連を組成している編成が2本いた。

この当時、3500形の更新工事が進んでおり、そのうち3500形未更新車のみ6連で走る姿は見納めになるだろう。

6連がいなくなる前に是非3500形未更新車6連の「(飛)特急」は押えておきたい。ましてやこの改正のために、「(飛)特急」のサボを作っていることも見過ごせなかった。

いよいよダイヤ改正が落ち着いてしばらく経ったある日の午後、いつものように京成関屋の上りホーム堀切よりの先端付近にいた。

「記録に残しておきたい…。」

京成時刻表(当時)を眺めていると、13時過ぎに2本の6連上り「(飛)特急」が通過する。

「さて、何がくるのだろうか?」

やがて1本目の「(飛)特急」が通過するも、これは(今となっては貴重だが。)3600形6連貫通編成が通過。

時間が過ぎて、間もなく2本目の「(飛)特急」の通過時間だ。

「どうせ、3200形の6連とかだろうなぁ?」

と思っていたら、ステンレスの光と共に「(飛)特急」の種別看板が!!

「(未更新の)3500が来た!」

落ち着いてシャッターを切った。当然、他に撮影者は誰もいない。

3500が未更新とわかる正面と「(飛)特急」の看板が付いているシーンを撮りたかった。

3500形の未更新6連は、しばらく走ってはいたものの、3500形の更新が進むにつれて編成をばらされて4連になってしまった。

何度かあった(実際に目撃もあった。)3500形未更新の「(飛)特急」の姿を無事に押えられたこと、このとき足を運んでおいてつくづく良かったと思った。

こういうことがあるから、日々の記録は侮れないのである。

#この頃の記録した京成の写真は、色々紹介していく予定です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

どうしても記録しておきたかった写真(京成編3150形の急行)

京成3150形の急行(1)
(写真)今は亡き京成3150形の「急行」をどうしても撮りたかった。
京成押上線 京成立石にて。1998年11月撮影。

某模型メーカーから京成3150形が発売されるという。この車には思いがあるので、そんな中から一枚の写真を紹介したい。

今から遡ること14年前の11月上旬、11月中旬のダイヤ改正から現在の「エアポート快特」(当時の京成線内は「特急」)の運転が羽田空港~成田空港で始まり、京成線内の電車運用が大幅に変わった。

当然、新たに登場するものがあれば、姿を消していくものもあるわけで、その中のひとつが写真の京成3150形の6連(の優等)運用だった。

ダイヤ改正前にどうしても3150形6連の「特急」は押えておきたい。これは押えることが出来た。しかし・・・、「急行」だけはコマが無く、しかも、中々「急行」運用には入らずどうにもならない。

「何とか残せる方法は無いだろうか?」

いよいよダイヤ改正まであと数日という時の移動中の電車の中から、1452K列車(当時の千葉中央発普通西馬込行き!)に3150形の6連が上っていったのを目撃!!

「これはなんとしても撮るしかない!」

早速京成時刻表(当時)を眺めていると、西馬込から折り返しは「急行 成田(空港だったかな?)」のようだ。

ただ、京成線内に帰ってくるのは日没後だ。

「さて、どこで記録するか?」

6連で頭合わせではない駅でバルブ撮影できないかと考えていると、どうも京成立石駅が押上方面行き列車にも被られずに済みそうだ…。

直前の上り電車が行って支度を始めると、間もなく接近放送が…。

程なく3159先頭の「急行」が到着。定時だ。落ち着いてシャッターを切った。当然、他に撮影者は誰もいない。

露光時間の関係で行先は飛んでしまったが、十分に「急行」の看板が輝いていた。これでよかった。

この撮影から数日後にダイヤ改正となり、同時に3150形の6連での優等運用が終わり、それから程なく編成をばらされて4連になってしまった。

最後になるかもしれない3150形の「急行」の姿を無事に押えられたこと、このとき足を運んでおいてつくづく良かったと思った。

#この頃の記録した京成の写真は、色々紹介していく予定です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

京成3050形以外のアクセス特急

3001編成アクセス特急

(写真1)京成3000形がアクセス特急に入った。
京成線 堀切菖蒲園-京成関屋にて。2011年6月15日撮影。(以下全て同じ。)

今年は梅雨の中休みが短く、なかなか晴れの日に巡り合わない。晴れたと思うと、その日は仕事。うーん、中々うまくはいかない。

さて、前回のブログで語った通り、LEDの話の続きをしようと思う。

この日は仕事から帰ってきて、1時間くらいの間で撮影したもの。

写真1は、3050形以外の車がアクセス特急を担当した時の写真を捉えたもの。

ここのところ、アクセス特急の運用をすべて3050形に限定しなくなっている。多いときには約半数の運用を3700形や、写真の3000形が代走するパターンになっている。

京成3000形も、3050形同様にフルカラーLED化が進んでいるので、これを表現するためには、表示を含めた表現方法を考えながらシャッターを切る必要があると思う。

この時はシャッター速度1/60でセットして軽く流し撮り。行先表示も含め、すべての像が残っている。3001編成がアクセス特急に入ったというのがわかる写真になった。

下手に高速シャッターを切って、表示がぶつ切りになるくらいなら、いっそこのくらいバッサリ切った方がいいように感じる。

3050形本線特急

(写真2)京成3050形の特急上野行。

写真2は、京成3050形の特急上野行。上のような運用があれば、逆に京成本線周りの特急に3050形が入ってくるわけで、これを押さえた。

今度は編成全体を入れて流し撮りをしてみた。3050形の特徴や、特急上野行という表示がわかる絵になった。当然ながら、行先幕も切れずに済んだ。

2回にわたってこの話をしてきたのだが、行先表示幕がLEDとはいえ、これが出せないとやはりバランスを考えたときにどうかと思ってしまう。

仮に、いくら編成写真としてはよく撮れていても、行先表示がブツ切れというのはいかがなものか?

今やデジタルカメラで撮る人が圧倒的に多くなっている。ならば、いくらでもチャレンジできるのではないだろうか?

フツーに撮るのもいいけど、被写体によっては、一ひねり加えて(創意工夫をした上で)撮影することが、結果的にはいい結果が出るのではないかと思ってしまう。

まぁ、最後は本人の満足度の問題なんだけどね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR