真島満秀さん一周忌に思う(1)

新大阪にて

「パパ、でんしゃ!」 東海道本線 新大阪にて。 2005年10月撮影。
EF135mm F/2L 1/125sec f:3.2 iso100 AWB

昨年3月、鉄道写真の第一人者であった真島満秀さんが急逝しました。まもなく1周忌。今回は真島さんに影響された写真を紹介していきます。

思えば、私自身が列車の写真を撮り始めてまもなくの頃に手にした1冊の写真集が、後に撮影を続けていくきっかけになっていきました。

そのとき見た真島さんの絵の作り方にショックを受けましたが、そういう絵の作り方が好きでした。今でも、あぁいう絵が作れたらいいなぁって思うことが多いです。表現に幅が大変広く、唸らせるような絵が多数。一枚一枚の写真から大気感や状況が見える写真の数々…、見る写真見る写真がどれもとても新鮮に見えました。それは新しい写真集が出るたびにそう思います。

実際に真島さんには、2008年6月の北海道撮影旅行の時に偶然にも同じホテルに泊まっていて、私が撮影に出るときにエレベーターで真島さんと長根さんと一緒になり、前日には猪井さんに会ったばかりだったので、すごく驚いたのとともに、すごく感動したことを覚えています。

またロケ地でお会いしたいと思っていた矢先に急逝されたと聞き、大変残念に思いました。もっと色々な作品を見せて欲しかった。昨年夏の品川キャノンサロンで真島さんの写真展を見に行った際に、猪井さんに再会できてついつい話し込んでしまいました。

実際、あぁいった表現は中々難しく、未だに難儀しているわけですが、自分が撮った数少ない写真の中から、1枚の写真を紹介します。

この写真は2005年秋の北海道旅行の帰りに撮影したもの。札幌から「トワイライトエクスプレス」で到着。新大阪駅で東海道線の普通電車の写真を撮影していました。

一通り撮影が終わり。休憩しようと階段に向けて歩いていたら…!いい感じの親子連れの姿が…!

「これだ!」

とっさにカメラに135mmをつけて、露出をあわせてシャッターを切ったのがこの写真。

とにかく親子の姿を出したかったので、絞りを浅くして、これ以外はなるだけボケボケになるようにしました。

あらためて仕上がりを見てみて、思わずニンマリ。電車を見送る親子、対向のホームには駅の係員の姿、そして出て行く電車…。組み合わせに納得して、ある意味満足感が。こういう組み合わせは中々見られない。

普段走りの写真ばかり撮っていると、中々こういうシーンを見つけにくいのだけど、こういう絵が撮れるとうれしかったりします。

真島さんを悼む写真はまだまだ紹介するつもりです。お楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR