北海道寝台特急にあこがれて(1)

トワイライトエクスプレス

大阪と札幌を結ぶ豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」 室蘭本線 大岸付近にて。
EF200mm F/2.8LⅡ 1/640sec f:5 iso160 AWB 2010年3月撮影

3月上旬、今後の動向が注目される本州-北海道の寝台特急が撮りたくて、短期間ながらも約1年ぶりに北海道室蘭本線へ。

今思うと1995年3月。元々北海道内でDD51重連で牽引する寝台特急列車にあこがれて撮影を始めました。それから早15年。撮影を始めた頃には、北斗星3往復とトワイライトエクスプレスの4本の寝台特急列車が朝、札幌へ向かう。こんな状況は今では考えられない。

それで、何が魅力的かといえば、どの列車も星が描かれたDD51重連が合計4本も拝めるなんて、撮影を始めた頃の自分にとっては夢のような状況でした。この時から室蘭本線で架線のない区間が好きになりました。

特に冬で雪が降る時期に雪景色の中を駆ける列車が好きなんです。行き始めた頃は3月でも雪景色が拝めたのですが、ここ2・3年すっかり温暖化が進んで、3月だと写真のような厳しい状況になりました。

写真のこの場所は、大岸駅から歩いて10分位の場所。ここは上り線と下り線が離れていくところで、かつては中線があったようなのだが、現在では撤去されている。バックは山なので、ロケーションはよい場所。ここで、「トワイライトエクスプレス」を狙うことに。

この日は朝からいい天気になり、撮影には絶好のコンディション。午前7時前、上りの普通列車が去って、いよいよ「トワイライトエクスプレス」の通過時間に。遠めにDD51重連に引かれて深緑色のトワイライト編成が見えてきた。機関車が右へ切れていくところでシャッターを切った。

ただ、気をつけなければならないのは、右へ切れていく際に見かけの速度が上がるので、望遠レンズ使用とはいえ、1/3段程度シャッター速度を早く切れるようにセットしました。

列車の通過後、

「DD重連はいいなぁ。しかも雪が少ないとはいえ、雪のある時期に撮影するのがいい。」

とつくづく思いました。DD重連の寝台特急列車はいい。

朝札幌に向かう寝台特急の本数が少なくなって早2年。今年12月には新幹線青森延伸で今後の動向が注目される寝台特急列車。最後のDD重連の寝台特急は時間さえあれば見に行きたい。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 トワイライトエクスプレス

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR