スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成3050形以外のアクセス特急

3001編成アクセス特急

(写真1)京成3000形がアクセス特急に入った。
京成線 堀切菖蒲園-京成関屋にて。2011年6月15日撮影。(以下全て同じ。)

今年は梅雨の中休みが短く、なかなか晴れの日に巡り合わない。晴れたと思うと、その日は仕事。うーん、中々うまくはいかない。

さて、前回のブログで語った通り、LEDの話の続きをしようと思う。

この日は仕事から帰ってきて、1時間くらいの間で撮影したもの。

写真1は、3050形以外の車がアクセス特急を担当した時の写真を捉えたもの。

ここのところ、アクセス特急の運用をすべて3050形に限定しなくなっている。多いときには約半数の運用を3700形や、写真の3000形が代走するパターンになっている。

京成3000形も、3050形同様にフルカラーLED化が進んでいるので、これを表現するためには、表示を含めた表現方法を考えながらシャッターを切る必要があると思う。

この時はシャッター速度1/60でセットして軽く流し撮り。行先表示も含め、すべての像が残っている。3001編成がアクセス特急に入ったというのがわかる写真になった。

下手に高速シャッターを切って、表示がぶつ切りになるくらいなら、いっそこのくらいバッサリ切った方がいいように感じる。

3050形本線特急

(写真2)京成3050形の特急上野行。

写真2は、京成3050形の特急上野行。上のような運用があれば、逆に京成本線周りの特急に3050形が入ってくるわけで、これを押さえた。

今度は編成全体を入れて流し撮りをしてみた。3050形の特徴や、特急上野行という表示がわかる絵になった。当然ながら、行先幕も切れずに済んだ。

2回にわたってこの話をしてきたのだが、行先表示幕がLEDとはいえ、これが出せないとやはりバランスを考えたときにどうかと思ってしまう。

仮に、いくら編成写真としてはよく撮れていても、行先表示がブツ切れというのはいかがなものか?

今やデジタルカメラで撮る人が圧倒的に多くなっている。ならば、いくらでもチャレンジできるのではないだろうか?

フツーに撮るのもいいけど、被写体によっては、一ひねり加えて(創意工夫をした上で)撮影することが、結果的にはいい結果が出るのではないかと思ってしまう。

まぁ、最後は本人の満足度の問題なんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから21年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。