北海道寝台特急にあこがれて(3)

トワイライトエクスプレス2

(写真)どうしても、この絵が撮りたかった。「トワイライトエクスプレス
室蘭本線 小幌-静狩にて。2005年7月28日撮影。

タイトルが(かなり)久々ですが、明るい時間帯に撮影した寝台特急の写真の中から話をしようと思う。

写真は、今から6年前の7月下旬、「夢空間」が久しぶりに池田まで入線すると聞いて、それを撮る前に肩慣らしを兼ねて室蘭本線で撮影していたときに撮ってきた写真。

この日は朝イチの飛行機で新千歳入り。7月下旬、あまり天気は期待していなかったのだが、朝から天気もよく、5005D、3059レ、5012D、3056レ、5014D、2050レ(その間を走る普通列車を含む)と順調に昼間の走りの撮影を続けていた。

いよいよお待ちかねの8002レ「トワイライトエクスプレス」の時間だが、以前からあるアングルがずっと気になっていた。

「そうだ!あの場所に行こう!」

その場所とは、静狩駅から小幌方向へ進んだ旧室蘭本線の築堤と別れる部分だ。ここは少し小幌方に行くと、トンネルがあって、午前中の下り列車を撮影するのにはあまりにも有名なポイントだが、そこから長万部寄りのこの場所、意外とアプローチがわかりにくいせいか、知っている人は(私を含めて)相当撮影に通いこんでいる人だと思う。

この場所は多少開けていて、線路からの距離もあることから、安全なところからカメラをセット。ファインダーをのぞいてレンズを合わせてみると、徐々にやる気がわいてくる。

「このアングルだ!」

16時45分を過ぎ、間もなく上り「トワイライトエクスプレス」がやってくる時間だ。ただこのポイント、記憶があっていれば、下り貨物3051レと被る可能性があったような気がした。不安がよぎる。

「だめなのか…?」

しかし予想に反して、3051レは先に通過。3051レがトンネルに消えて行ってしばらくしてから、接近警報とともに青いDD重連の姿が!

「これは撮れたな。」

DD重連の次位機が見えたところで撮影開始。決まった。

列車が去った後、プレビューをチェックしたら、DD重連が引く「トワイライトエクスプレス」の迫力あるシーンを撮影できた。夏場しか撮影できないポイントで、しかも前々から狙っていたアングルでイメージ通りつかめたことが何よりもうれしかった。

今からさかのぼること16年前…。どうしても青いDD51重連が牽引する北海道寝台特急の写真が撮りたくて、北海道の鉄道写真撮影を始めた。今でも、寝台特急の撮影の時だけは格段の思いを込めて、本気でシャッターを切る自分がいる。

「寝台特急だけはベストのアングルで、ベストのポジションで撮りたい。」

いつも、北海道室蘭本線に撮影に出るたびにこう思い、頭の中でイメージを作りつつ出かけるのである。

北海道寝台特急の走りの写真の話は、まだまだ尽きないので、引き続き語っていこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : トワイライトエクスプレス DD51

プロフィール

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから21年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR