冬の上越線貨物列車を撮影する。

EH2001の2085列車
(写真1)2085列車の先頭に立つEH200-1号機を流し撮り。上越線 越後湯沢にて。
EF28mm(一部トリミング) F/1.8 1/30sec f:2.8 iso3200 WB:蛍光灯 (撮影はすべて2012年1月24日撮影。)

早くも1月も下旬。ホントこの冬は、例年になく連日寒い日が続いている。

さて今回の写真は、遅い正月休みのついでに撮った写真から紹介したい。

上越線越後湯沢付近は、16時30分過ぎから18時30分頃にかけて、貨物列車3本が撮影出来て中々面白いのです。

写真1は焼島へ向かう2085列車。かつては、ワムハチの列車だったが、コンテナ列車に代わってから時間が繰り下がったために、この時期では日没後の通過になる。ホームの照明を使って流してみた。この日は乗務員室扉に唯一エンド表記がない1号機。

7071列車2012冬
(写真2)16時30分過ぎに通過する7071列車。上越線 越後湯沢付近にて。
EF200mm F/2.8LⅡ 1/500sec f:4 iso400 AWB 

写真2は、夕方早い時間に通過する7071列車。出かける時に隅田川駅の7071列車がいたことを確認して、この列車の設定があることを確認していた。この列車は越後湯沢で約20分止まるので、その間でもう一枚撮影した。

7071列車2012冬2
(写真3)7071列車の停車時間をうまく使って先回りして撮影した。上越線 越後湯沢-石打にて。
EF50mm F/1.4 1/1000sec f:2.8 iso1600 AWB 

写真3は写真2の停車時間の間に先回りしたもの。日没時間が近いために、あまり影の影響も気にせずに撮影したもの。フィルムで撮影していたらすでに撮影終了の時間だが、ここでもデジタルの強さを発揮。感度の影響による荒れもあまり気にはならない。

115系新潟4連1
(写真4)新潟の115系は個性的な車が存在する。上越線 越後湯沢にて。
EF28mm(一部トリミング) F/1.8 1/30sec f:2.8 iso3200 WB:蛍光灯

写真4は、2085列車の去った後にやってくる下り普通列車。写真の下り方の先頭車は中間車改造のクハが入った4両編成。しかも更新工事は施工されておらず、車内はほぼ原型をとどめていることにびっくり。

この日はお昼過ぎに雪が上がり、日没までいい天気になった。しかし、晴れたことで日没後の冷え込みがきつくなり、濡れたジーンズの裾が凍結!寒い夜になった。

久しぶりの越後湯沢付近での撮影。雪の時期は初めてだったが、また機会があれば撮影したいと思う。

上越線の貨物列車の主力がEH200になって久しいが、まだまだ記録したいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ワイドレンズの醍醐味(2)

EF510の2082列車
(写真1)こういった表現が面白かったりするのです…。隅田川(貨)付近にて。
EF20mm F/2.8 1/1000sec f:5.6 iso200 WB:10000K 2012年1月18日撮影。

この冬は、ここ何年かでかなり寒いような気がする。今日は東京でも初雪が降り、一日を通して寒かった。

さて今回の写真も、毎度の隅田川(貨)付近で撮った写真から2枚紹介したい。

15時台~16時台にかけて、出発と到着、単機回送、さらに入換作業もあるために、短時間でいろいろ撮影出来て飽きないのです。

写真1は新潟(貨)から到着した2082列車。この列車は本来なら、新鶴見のEF65なのだが、需要期対応で機関車不足のために田端のEF510が連日代走している。ほかにも新鶴見EF65持ちの何本かの列車を田端のEF510で代走しているために、寝台特急列車以外で見かける機会の方が多いはず。

光線状態を逆手にとって、色温度をたっぷりかけて夕方の時間帯であることを強調してみた。

単3054列車
(写真2)節電ダイヤがひと段落したために復活した単3054列車。
EF28mm F/1.8 1/1000sec f:4 iso800(isoオート) AWB 2012年1月18日撮影。

写真2は、写真1の2082列車が到着して間もなく田端(信)に帰るEH500の単3054列車。

この列車も、節電ダイヤの時は3054列車到着後、隅田川(貨)で留置だったのだが、節電ダイヤがひと段落したために田端(信)へ帰るようになった。一部の金太郎の側面には、頑張ろう東北と、東北線沿線各県のPRステッカーが貼ってあり、これがなかなかいいアクセントになっている。

単機回送なので、ワイドレンズで被写体そのものを強調してみた。

この場所に立つと、ついついワイドレンズで記録したくなる。中々ワイドレンズが面白いのです。

今年最初の隅田川(貨)付近での撮影。いつ来ても飽きないので、まだまだ撮影しようと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

冬の走りを撮ってからこそ、北海道寝台特急(1)

カシオペア2000年春
(写真)この当時、まだ3月上旬では、夜が明けきらない。下り「カシオペア」。
室蘭本線 大岸-豊浦にて。 2000年3月撮影。

これも今となっては、かなり荒削りな写真だが、1枚の写真を紹介したい。

毎年春先に憧れの北海道寝台特急を撮影しに、北海道へ。

この日は朝から細雪が降っていた。雪が降っているせいか、外に出た直後は、思ったほど冷えてはいなかった。

「何かいい絵が撮れそうな気がする…。」

朝5時すぎに宿を引き払って、車の除雪を済ませてから、この場所へ。

6時前に現場に到着。車から降りてみると、例年にない雪景色!撮影には好都合だが、雪が上がらない。しかも、降り方は徐々に厳しくなってきた。この場所は海に近く、海からの風で体全体に冷えが襲ってくる。

上りの高速貨物列車が3本通過。時計は6時30分を過ぎた、間もなく8009列車(カシオペア)の通過時間だ。遠めに霞んではいるが、大岸駅を通過する星の絵が描かれたDD51の重連の姿が見えた。

定時だ。やがて、S字を描いたところを通過する辺りから、ファインダーを覗き、被写体に集中する。

やがて、ファインダーの中にヘッドマークがうっすら雪化粧したDD51が見えてきた。狙ったところから夢中でシャッターを切った。手ごたえがあった。

このあと25分続行の1列車(北斗星1号)を撮影して引き上げたが、撮影しながら思ったことは…、

「天気にはならなかったけど、雪降る中、DD51重連で札幌へ向かう寝台特急はいい!」

確かに夏のいい時期の撮影ももちろん好きだし、紅葉の頃に訪れて撮影するのももちろんいい。

しかし…!

私自身、雪に縁のないところで生活してきた手前、

「北海道の列車=冬」

のイメージが抜けないし、冬が一番良く似合うような気がする。この時のような厳しい天候になればなるほど、不思議とやる気が出てくるから?!不思議なのである。

特に、北海道で雪景色の中走る列車の撮影となると、俄然やる気が出てくるのである。

だから、何度も北海道寝台特急が撮影したくなるんです。自分の描いたイメージを探しながら…。それに近づけられるかを考えながら…。

こうしてブログのコメントを書きながらも、私の撮った写真を見るたび、そのときの記憶が甦るのである。汽笛・接近してくるときのエンジンの轟音・迫力…。

いつ撮影しても楽しい北海道寝台特急。訪ねるたびにベストのアングル、ベストのポジションで撮り続けたいとつくづく思うのである。

(写真は雑誌「一個人」に採用)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア DD51

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

謹賀新年2012

当ブログ並びにHPを閲覧の皆様に、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 北斗星

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR