スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常磐貨物線で2077列車を撮影する(1)

EF641049号機牽引の2077列車
お昼前にこの場所を通過する2077列車を撮影できるのは、この時期の前後1か月くらいか?
常磐貨物線 田端(信)‐三河島にて。
EF28mm F/1.8 1/1600sec f:2.8 iso100 WB:太陽光 2012年7月11日撮影。

関東も梅雨が明け、明けた途端に連日猛暑が続いている。とにもかくにも暑い!

夏至から約1か月になるが、まだ日の長いこの時期にお昼前後の列車を撮影できる常磐貨物線へ足を運んだ時のコマから1枚紹介しようと思う。

常磐貨物線は11時から13時にかけて比較的本数があるのは前に書いたが、特に2077列車は比較的コンテナ満載で来ることが多く、撮影のし甲斐のある列車だ。

しかし、この線でまともに撮影できる場所は限られ、しかもレンズもよく選んで撮らないと、惨憺たる結果になってしまう。

写真の列車の7・8分前には、昼間時間帯に隅田川に行くPF列車としては貴重な4094列車を撮影。

さて、レンズは色々悩んだ結果、28㎜で撮影することに。標準以上のレンズで合わせようとすると、どうもしっくりこないのだ。すぐ目の前の踏切の障害検知装置が足回りにかかってくる。

やがて、田端信号所にいちばん近い踏切が鳴り出し、撮影地の前の踏切が鳴り出した。ポイントは隅田川に入る方向に切り替わった。

2077列車の機関車が見えてきた。貴重な641000広島更新機だ。

踏切を超えて、隅田川に行くポイントを渡り始めてからシャッターを切った。広角レンズはシャッターを押すタイミングは一瞬なので、かなり集中してシャッターを押さないと難しいのだ。

結果はごらんの通り。晴れて思いっきりトップライトで条件はあまり良くないが、ワイドレンズ特有の伸びやかさとサイドが出せるので中々面白い。

多少ごちゃごちゃしているが、これも常磐貨物線らしい。コンテナはほぼ満載。やはりこの列車は見ごたえがある。

都内のロケ地はごちゃごちゃしていて、ついつい詰めるレンズを使いたくなるけど、意外とワイドレンズで撮影することで意外な見え方、面白さがあるような気がする。

ワイドレンズは奥深い。まだまだ探ってみようと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。