スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても残しておきたかった写真(「エルム・エルム81」号、北海道場面) 

elm970801
(写真1)「エルム81号」は夜明け前の通過。撮影はかなり厳しかった。
室蘭本線 有珠-長和にて。1998年1月撮影。

今年も残す所三週間余りとなった。本当に一年一年が速く過ぎていく。

かつて、「北斗星」の補完列車として走っていた「エルム」号。この列車も、設定がなくなってから随分時間が経ってしまった。

写真は、北海道寝台列車を本格的に撮影し始めた頃の写真で大分荒削りなものが多いが、この先の寝台列車の動向が気になる昨今、敢えて北海道場面を走る「エルム」を紹介しよう。

写真1は、年末年始の休みを使って北海道入りした時に撮影したもの。正月前後は夜明け前にほとんどの寝台特急が通過してしまうので、今振り返っても、厳しい撮影だったことを思い出す。

写真2から写真4は繁忙期といえば、ほぼ毎日走っていた頃の「エルム」の写真。いずれも、1997年8月撮影。

elm970802
(写真2)大沼を進む「エルム」号。
北海道の旧盆期間、道南は本当に晴れずに苦々しい思いをしたことを思い出す。
函館本線 七飯-大沼にて。

写真2は朝からこの場所で撮影した時のもの。この後、海峡線で撮影したような気がする。とにもかくにも、旧盆期間の道南は天気にならない。

でも、休みがそこしか取れないから仕方がないのは分ってはいるのだけれど…。

このとき、気持ちの中には何か煮え切らない思いだけが残ったのを覚えている。

elm970803
(写真3)静狩の直線を進む「エルム」号。
室蘭本線 長万部-旭浜(現在は静狩)にて。

この日は静狩の直線で撮影したのだが、天気は今ひとつ。手ごたえが感じられない。

elm81
(写真4)豊浦の俯瞰からの「エルム」号。
室蘭本線 大岸-豊浦にて。

この日も天気は今ひとつ。こういう時こそ、俯瞰で逃げるのはアリだな。と思う。

果たして今、この場所で撮れるのだろうか?

写真を見返してみると、少ないながらも、現役時の「エルム」号の写真が残っていたこと。

設定日が少なくなっても慌てなくて済んだのは、それなりに記録したコマがあったからだと今でも思う。

無くなるとか、先行き不透明感が漂ってきてから駆けつけても、余りいい絵が得られないような気がするのは気のせいだろうか?

新しい列車の設定が始まった時に、(余り考えたくはないけど、)いつか終わりの日がやってくる。

走っている間なら、何度でもシャッターチャンスがある訳だから、特に気に入っている列車であるならば、ある程度色々な形で残せたほうが良いのではないか。と、いつも思うのである。

つい、

「普段から走る姿がを撮影することが記録なんだ。」

と、私の中では常々思うのである。

#この頃の記録した北海道の鉄道写真は、色々紹介していく予定です。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから21年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。