梅雨に入る前に…。

ef510casi01
(写真)梅雨に入る前の「カシオペア」。この時期の晴れの日を見過ごすわけにはいかなかった。
東北本線 日暮里付近にて。2013年5月26日撮影。(一部トリミング)
EF85㎜ F/1.2LⅡ 1/1250sec f/3.5 AWB:晴れ

今週の天気予報を見ていると、いよいよ梅雨入りしそうな予報だ。しばらく晴れは期待できない…。

撮影に行く機会も減りそうだ…。

そうなると、今日の晴れは貴重な晴れとなりそうな気がする。

先週あたりから、

「ひょっとしたら、この時期だけこの場所で「カシオペア」が狙えるかな?」

と思っていた場所があり、時間のある時にそこで何回か撮影を続けていた。

元々、この場所自体は昔の定番の場所なのだが、今は細かい柵に阻まれて、ここで撮影する人は少ない。

この日は仕事を早く切り上げたので、家に帰ってきてからこの場所に出かけた。

やっぱり日の長い時期だ。思ったほど歩道橋の影も脇の墓地の木陰も、思ったほど伸びてこない。

上野を出てきた「カシオペア」を最初に捉えるポイントとしては良いのではないかと思った。

レンズは85㎜。これで行くことにした。

やがて時計は16:20を回り、間もなく「カシオペア」通過時間だ。

ほどなく右から機関車のライトが見えてきた。セットしたアングルで狙ったところからシャッターを切り始めた。

85mmなので、一発勝負的な感がある。

結果は画面の左と下を少しトリミングしたが、もう少し引きつけてシャッターを切れていたら、その必要はなかったと思う。

夕方早い時間に上野を出発して北海道へ向かう「カシオペア」の姿を押さえられたような気がする。

やっぱり撮影は晴天順光に限るし、見た目がきれいに見えると思うのだ。

あちこちのブログや画像掲示板を見て回っていると、中にはサイド潰れとか、正面ガングロ写真とか、全潰れの写真とか見かける。

しかし、それらを撮ったところで、何らかの効果を狙っていない限り、あまり意味をなさないような気がする。

「何でもかんでも撮影すればよい。」

ではなく、

「晴れているのなら、光の回り方も含めて、計算しながら撮影する。」

方が、結果としてはいい絵が得られるのではないかと思ってしまうのである。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから21年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR