スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の写真を撮ってからこそ寝台特急(7)

dd51ho2050701

(写真)寝台特急を撮るなら、こういう絵も欲しいところだ。2列車(当時)。
室蘭本線 北舟岡にて。2005年7月撮影。
EF135㎜ F/2L 1/60sec f/2.8 AWB iso640 動体予測機能併用

旧盆期間中に襲った豪雨で被災された地域の皆様にお見舞い申し上げます。

久しぶりのブログ更新になってしまった。

というのも、6月早々に梅雨入り。

お休みの日は天気が期待できず、さらに写欲がなくなってしまって、撮る気が沸かない日々…。

ブログに記事を書く気もなくなり…。

さらに、梅雨明け早々にパソコンが故障!すっかりやる気がなくなり…。

預かり修理で、ようやく修理から帰ってきたらもう8月になっていた…。

それにしても、8月入ってすぐは過ごしやすい日々が続いていたのに、旧盆の頃から、東京は連日うだるような猛暑が続いている。

過去に撮った写真を眺めているうちに記事を書きたくなってきたので、紹介しようと思った写真が今回の写真。

この日は翌々日運転の「夢空間池田」を撮影すべく、北海道入り。

夕方までいい天気だったが、さすがに夏至から1か月過ぎている。

北斗星2号」(当時)の時間が近くなるにつれ、太陽は隠れて急速に露出が落ちてきた。

回りの状況を見ながら、

「もう露出はないので、DDが駆ける姿がわかる写真を撮ったらいいんじゃないか。」

早速流す準備にかかる。レンズは135㎜。列車の動きを追うにはちょうどいい。

軽く素振りをしながら頭の中でイメージを作っていく。

やがて列車接近の放送がなり、遠目に2つのヘッドライトが見えてきた。2列車だ。

イメージしたポイント近くから連写開始。手ごたえがあった。

仕上がりを見た時に、

「夜に向かって駆けていくDD重連の寝台特急列車。」

のイメージを作ることができた。

やっぱりこの時間に撮影するのは良い。

以前から何度も書いてはいるが、せっかくデジタルカメラで撮影している手前、

「フィルムの頃よりも色々なシーンがカメラの設定で簡単に表現出来るので、日中明るい時間だけ撮影して、日が傾いたら終わり。」

ではなく、

「むしろ日没前後にいい写真を撮ることができるのではないか?」

と考えて、その時間に出くわした時に、それに見合ったシーンを撮影出来たら、それは言うまでもない。

だから、日没や日の出前後の時間の撮影はやめられないのである。

逆に、この時間を撮影時間に充てることで表現の幅が出せて面白いと思うのである。

と、こんなことを言ってはみたものの、しばらくこの時間に撮影していないなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 北斗星

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。