一日の始まり~朝焼け(1)~

sunrise2002
(写真1)一日の撮影の始まりに素敵な朝焼けを見られると、俄然写欲が増してくる。
朝の澄んだ大気感に包まれながら、やがて夜は終わりを告げて、新しい一日が始まる。
北海道 豊浦町付近にて。2002年10月撮影。

早いもので、10月ももう終わり。上旬はまだ夏のような暑さが残ってはいたものの、ここ一週間くらいの間にすっかり朝晩が冷え込み始めて、ようやく秋らしくなってきた。

今日紹介する写真は、かつて北海道に撮影旅行していた時に撮影した一枚。

10月も中旬くらいになると、北海道では一足早く秋の訪れが感じられるような天気になってくる。

特に朝晩は冷え込むので、本州にいるときよりも、寒さ対策をしっかりやっておく必要がある。

写真を撮った日も朝からとてもいい天気だった。

寝台特急を撮るために車でロケ地に到着。

車から降りると、朝の冷え込みはきつかったが、この時の大気感がとてもすがすがしく感じて気持ちがいいのだ。

まだ最初の列車までは時間がある。しかも、きれいな朝焼け…。

「どうしても写真に撮りたい!」

カメラと広角系のレンズ、そして三脚をセットして撮影していった。

時々刻々と、そして夜から朝へと変化していく空…。この雰囲気を感じ取れたら…。

何枚か撮った中から一番雰囲気が感じられたのがこの写真。

夜の時間が終わりを告げて、新しい一日が始まる雰囲気を伝えることが出来たような気がする。

こういう写真が撮れると、一日の撮影がスムーズに始めることが出来る。

ここのブログを閲覧の皆様は、私が普段列車の写真しか撮っていないように思われたと思う。

しかし、実は列車の写真以外でも、こういった時間変化がわかるような風景写真を撮っているのだ。

特に、朝方や夕方は時間変化がはっきりしている。

こういう時間に雰囲気をつかんだ風景写真を撮るのも意外と面白いのである…。

とはいうものの、しばらくこういう時間帯の撮影をしていないなぁ…。

スポンサーサイト

テーマ : 心象風景
ジャンル : 写真

往年の特急牽引機の雰囲気を醸し出す旅客EF65PF(3)

eef65110202
(写真)まともに日の当たる時間、ポイントが少なくなると、レンズの組み合わせや画角のとり方に苦慮する。
常磐線 北千住にて。2013年10月18日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.2×Ⅱ 1/250sec f/9 WB:晴れ iso100 動体予測機能併用

この秋は台風が多い。台風が通り過ぎたものの、貨物列車のダイヤがなかなか戻らない。

しかも、撮影したい貨物列車はことごとく時間に現れず空振りという、実にやる気をなくす状況。

今日紹介する写真は、前回と同じ場所で撮影したもの。

しかし、徐々に日が短くなって来ている手前、前回紹介した組み合わせでは75レが限界。

8592レ辺りでは、エクステンダー1.4を挟んだところで、ベストポイントでは完全に影になってしまう。

そこで…、

「エクステンダー2倍で何とかならないだろうか?」

早速画角合わせを始める。既に時計は14時を回っている。

「ひょっとすると、そろそろ旅客PFの単機が通過するのでは?」

単機列車に見合ったアングルに調整して列車を待つ。

2番線から上り普通列車が去って程なく、単機列車は何事もなく通過。

正面に日の射すタイミングを見計らって連写した。

結果はご覧のとおり。

今日は1エンド頭だ。少し手前のように見えるが、次のカットではすでにスカートの下半分が陰に隠れてしまっている。

この位置がベストアングルだと思う。

望遠レンズで撮影している手前、シャッターチャンスが多そうに見えるが、日の当たるポイントが短いため、本当にタイミングが一瞬なのである。

別の意味でとても緊張する一瞬でもある。

いつ撮影しても、旅客65PFはいつ見てもきれいだし、本当によく手入れしている。撮影するたびに思う。

もう少し記録できる範囲で、表現の可能性を探りつつも、もう少しEF65PF機は撮影しておこうと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

往年の特急牽引機の雰囲気を醸し出す旅客EF65PF(2)

EF651102(1)
(写真)さすがに旅客の65PFは手入れが行き届いていて、いつ見ても美しい。
常磐線 北千住にて。2013年10月07日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250sec f/8 AWB iso400 動体予測機能併用

昨日は散々な天気だった。晴れているにもかかわらず、突然曇がひろがったりして、撮影に出ている身としては中々うまくない。

しかも、撮影したい列車の時間が近づくと、徐々に雲が広がってまだら光線になってしまって…。

74レは64原色だったのに、正面にマンダラ雲がかかり撃沈!(泣)

96レは広島更新色PFにもかかわらず、太陽が雲の中に隠れてしまい、列車通過後に日が射すという撮影者泣かせな天気!

こういうのを繰り返すと、

「いったい今日の撮影は何だったんだろう…。(呆)」

と思ってしまったりするものです。

「あぁ、やっぱり日ごろの行いが…。」

さて、今回も旅客EF65PFの写真を1枚紹介しよう。

以前にも紹介したが、旅客EF65PFは、今やレール輸送や砕石輸送位しか運用がない。

しかし、どの機体も状態が良く、かつてブルートレインを牽いていた頃のような美しい姿を見せてくれる。

ただ、見かけるたびに美しい姿となれば、撮らないわけにはいかない。

そこで…、

「8592レの10分くらい後に、旅客PFの単機が通過する。これは平日のみなので、意外と撮れるのでは?」

場所は以前にもこのブログで紹介したが、北千住駅の上りホームのホーム端で中心寄りだ。

ここは、日中の2時間位しか正面にも側面にも順光にならない。

今の時期だと、ちょうど75レ辺りからこの単機列車までが順光になる。

75レはきれいな光線で撮影できたものの、この後ほどなく雲が広がり、抜けることがないままこの単機列車の時間に…。

レンズはいつもの組み合わせ。

手前に建物の影が落ちているので、この組み合わせじゃないと影を交わすことが出来ないのだ。

状況に応じたレンズチョイスをすることは大事なのである。

単機列車に見合ったアングルに調整して列車を待つ。

やがて、単機列車は何事もなく通過。タイミングを見て連写した。

結果はご覧のとおり。

これで完全に晴れて、1エンド頭だったら申し分なかったのだが、やはり旅客65PFは美しい姿をさらしている。

旅客の65PFは本当によく手入れしている。撮影するたびに思う。

年々EF65自体、機体数が少なくなってきているので、機関車の色云々とはもう言ってられない段階に来ている。

記録できる範囲で、表現の可能性を探りつつも、もう少しEF65PF機は撮影しておこうと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR