寝台特急あけぼのを撮る(1)

EF641053ake1
(写真)回送待ちの寝台特急「あけぼの」。
東北本線 上野にて。2013年11月23日撮影。
EF200㎜ F/2.8LⅡ 1/200sec f/2.8 AWB iso6400

寝台特急「あけぼの」も、いよいよ終わりの日が近づいてきた。

長年青森-上野を、日本海縦貫線経由で走り続けてきた名門の寝台列車だ。

この列車にはホント何度もお世話になった。

撮影に出かけるとき。北海道へ渡るとき。北海道から帰るとき…。

と、思い出は尽きない。

この日も満席。人気のある寝台列車が廃止になることが、いまだに信じがたい。

写真は、前日青森から「あけぼの」に乗車して上野に着いて、もうすぐで回送で発車になるところで撮影したもの。

今のHPのトップに使っているものだ。

休日だったこともあり、早朝からそこそこ撮影に来ている人がいた。

その隙間から、象徴するようなカットを残すことにした。

前面アップを撮ってもよかったのだが、敢えてこういう形で撮影することに。

何だか、雑誌とかの特集の最初に出てきそうな写真になったが、撮り終えてこの写真を見るたび、妙に納得してしまった。

以前なら、こういう写真は撮れなかったんじゃないかと思ったりしてしまうのだが…。

しかも、一部で話題になっている「AKEBOVO」文字のヘッドマークではないか!

終わりの日に向けて走り続ける「あけぼの」。

機会がある限り、記録できる範囲で撮影をしておこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : あけぼの EF641000

蒼い時刻(とき)(3)

hokutosei5101
(写真)寝台特急といえば、夜を駆ける写真も欲しいところだ。
東北本線 日暮里にて。2013年6月7日撮影。
EF85㎜ F/1.2LⅡ 1/1250sec f/2.5 WB:2500K iso6400

北海道寝台特急の廃止時期が具体的になってしまった。

かつて、北海道寝台特急にあこがれて、(というよりも、JR北海道の★ガマDD51重連に魅力を感じていたのだが。)北海道へ撮影に出かけていた。

この楽しみも、もう先が見えてきてしまった。大変残念だ。

これから日が短くなる時期。これからの時期には、

「夜を駆ける寝台特急の写真。」

や、

「夜から朝に向かう寝台特急の写真。」

こんな姿を表現するのも悪くはないと思う。

今回紹介する写真も、そういう時間帯に撮ったもの。

もちろん、日中走る写真もいいのだが、寝台特急といえば、

「夜に(朝に)向かって駆けていくイメージ。」

があり、こういう写真を表現してみたかった。

敢えて色温度を低くして、これから夜へ向けて走る青みを強調した写真にしてみた。

北海道寝台特急列車は最終章に向けてのカウントダウンが始まった。

記録できる範囲で撮影をしておこうと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

あけぼの廃止へ…(1997年2月の撮影記録より)

akebono1
(写真1)かつては、冬場を中心に奥羽線北部場面ではED75重連で牽引する姿を見ることが出来た。
白沢-陣場にて。1997年2月撮影。

「あけぼの」廃止報道から早くも一週間余り。

この間に、

「北海道寝台特急列車が新幹線函館開業を持って終わる方向。」

という情報も発表されてしまった。

幼少のころの寝台特急列車ブームで本格的にこの趣味に入っていった手前、これらの報道は時代の流れとはいえ、誠に残念である。

実際に「あけぼの」もよく乗った列車だった。厳冬期になると、意外と寝台券が撮りにくい列車だったことを覚えている。

これから紹介する2枚の写真は、まだ「あけぼの」が今のルートになる前の写真だ。

(写真1)は2月下旬の撮影。

前日の午前中まで、冬型の気圧配置が強く荒れた天気だったが、この日は完全に晴れとまではいかなかったものの、雪が上がった。

定番の矢立峠のアングルで「鳥海」から狙う。

お天気も今一つ期待できなかったことから、200㎜レンズで撮影したような気がする。

やがて、トンネルからED75牽引の「あけぼの」がトンネルから顔を出した。重連だ。

当時「あけぼの」はED75単機牽引だったが、厳冬期を中心に重連で牽引にあたっていた。

この話は、一部の撮り仲間の間で話題になっていて、

「いつか見てみたい。」

と思ったものだ。

ただ…、このシーンが見納めになるのはもったいない。

「これはぜひ撮影したい!」

と思いやってきたのだ。

列車が通過後、

「「あけぼの」のED75重連牽引は格好いい!」

「撮影しておいてよかった…。」

この後、「日本海3号」を撮影してから南部縦貫鉄道へ出向いた。

akebono2
(写真2)このころ、時間があれば上野にバルブしに行っていた。
田端81が担当していたころの「あけぼの」。
上野にて。1997年2月撮影。

(写真2)は(写真1)と同じころの上野駅18番線からの撮影。

当時、残業がなければ、時間が許す限り上野駅に出向いて「鳥海」号から「北陸」号まで撮影をしていた。

この頃が田端81星ガマが一番輝いていたころだった。

「北斗星」はもちろん、「あけぼの」・「はくつる」に週末運転の臨時のスキー列車と田端81星ガマが活躍。

撮影機会が多かったような気がする。

この日は奇しくも81号機が登場!所定連結なので、撮影には不自由しなかった。

推回で入線時には18番線に21:30発の「ひたち」が止まっていて、実際に「あけぼの」単体での撮影は、「ひたち」の発車後、「あけぼの」発車までの8分間に限られる。

この間が撮影タイムなのだが、かなり集中して撮影していたような気がする。

写真は50㎜で、数多くのバルブしたものの中から選んでみた。

この写真を眺めていると、

「いま、この写真は撮れないこと。」

「18番線ホーム自体がなくなったこと。」

「田端の81の中でも、81号機はやはり特別な輝きがあること。」

「機関車次位が今は亡きカヤ24であること。」

「やっぱり夜の撮影はいい。」

…と、その時のいろいろな状況が思い出される。

「あけぼの」の廃止まであと4か月余り。

やっぱり写真に撮っていたころが一番面白かったような気がする。

((写真1)は雑誌「鉄道ファン」に採用。)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR