どうしても残しておきたかった写真(寝台特急富士)

14022301
(写真1)大阪電車区間の終電間際に大阪に滑り込んでくる下り「富士
東海道本線 大阪にて。1996年5月撮影。

「はやぶさ」とともに、東京発着の東海道ブルートレイン最後の列車となった「富士」。

かつて、日本最長距離を走り続けたブルートレインも、廃止になってから久しい。

富士」の現役当時の写真から紹介したい。

1枚目は大阪に停車中の「富士」。時計はすでに0:45を過ぎていた。

この日はゴールデンウィークの真っただ中。

夜は臨時列車も多く、色んな列車をバルブ撮影したような気がする。「富士」がこの日のしんがりに。

この列車を撮った後、高槻行最終電車で宿泊先に戻った。

14022302
(写真2)東京へ急ぐ上り「富士」。あわや、スーパービュー踊り子に被られそうに…。
東海道本線 藤沢-大船にて。

2枚目は撮影時期は忘れてしまったが、東京に向かう「富士」を撮影。

あわや「スーパービュー踊り子」に被られそうに…。

14022303
(写真3)編成改変前の上り「富士」を有名な場所で捉えた。暑い日だった。
東海道本線 沼津-三島にて。2000年8月撮影。

3枚目は今度の改正から「さくら」・「はやぶさ」併結列車になるために、一部の車両改造が始まったころのもの。

この日は、改造のために「ソロ」が欠車になっている。

既に「ロビーカー」の連結位置も変わり、過渡期の編成であることがわかる。

夏の終わりの日曜日。朝から残暑がきつかったことを覚えている。

撮影後の飲み物がすごくおいしく感じた。

14022304
(写真4)「さくら・はやぶさ」併結列車になったのちの「富士」。
日の長い時期、下り「富士」はかろうじて記録できた。
東海道本線 戸塚-大船にて。2003年8月撮影。

最後の写真は、「さくら・はやぶさ」になったのちの「富士」。24系と14系の混結編成だ。

デジタルカメラで撮影し始めたころの写真。夕方微妙な光線でも撮影できてしまうことに驚いたものだ。

この後「さくら」が廃止になり、すべて14系で「富士・はやぶさ」となって最後を迎える。

当時、年と共に輝きを失ってしまった東海道ブルートレイン

このあと、まともにこれらを撮影し続けた記憶がない。

最後の最後まで見届けようという思いが、徐々に薄れていってしまったことを覚えている。

自分の中から、これらを記録に残そうという対象にはならなくなってしまったようだ。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 富士 EF66 東海道ブルートレイン

千載一遇?常磐線にEF66入線!

fef662701
(写真)まさか?常磐線にEF66が入線するとは!しかも、EF660番台唯一の原色27号機が充当!75列車。
常磐線 南千住-隅田川(貨)にて。2014年2月21日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250sec f/9 WB:太陽光 動体予測併用。

明けで家に帰る途中に、ある掲示板を眺めていたら…!

「75レ EF6627」

との情報が。

だが、

「常磐線にEF66はあり得ないだろう。しかし、状況が状況なので、あってもおかしくはないが…。」

半信半疑で家に帰ると、やっぱり間違いなさそうだ。

恐らく有名ポイントは、コレ狙いが集結しているに違いない。

となると…、

「いつもの場所で。しかも、EF66とわかる絵を撮ればいい。」

最初、北千住駅外れの歩道橋へ。

眺めてみるとすでに春の光線で日が高い。顔の一部に高架の影が入ってしまう。これではだめだ。

とりあえず日比谷線に乗りこんで南千住へ。

北千住方面のホーム端に向かうと、幸い誰もいない。

「ここで撮ろう。」

カメラバックからカメラとレンズを取り出して合わせてみたら、ちょうど良さそうだ。

光線状態もいい。

時計は13:35を過ぎて、隅田川に入る線路の接近警報が点滅し始めた。

やがて遠目からEF64ではなく、EF66、しかも原色27号機が見えた。

「本当に来た!」

それにしても、サンニッパに本体を手持ちで撮影するのは重い。

しっかりわきを締めて、レンズの揺れを押さえつつ、機関車のバランスのいい位置からシャッターを切った。

雪害の影響による運用変更とはいえ、まさかこの場所で、しかも常磐線でEF66が拝めるとは思いもよらなかった。

撮り終わった後、

「やっぱりEF66はカッコイイなぁ!」

「唯一の原色27号機が押さえられるとは、思いもよらなかった。」

「常磐線北千住方から隅田川(タ)に到着するシーンを撮れてよかった。」

明けで疲れてはいたが、気力を振り絞って撮影に行ってよかったと思った。

やはり、

「国鉄型電機は原色が一番見栄えがいい。」

と思うのは気のせいだろうか?

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

どうしても残しておきたかった写真(寝台特急みずほ・九州場面)

14022101
(写真)列車の写真を撮り始めた頃の写真なのでご容赦いただきたいのだが…。
この日は、奇しくもサザンクロス機76先頭だった寝台特急みずほ。
鹿児島本線 天拝山-原田にて。1994年11月撮影。

この年(1994年当時)の12月のダイヤ改正で「みずほ」・「(博多)あさかぜ」が廃止になるという。

この写真を撮ったのは、学園祭期間の休日を使って九州を旅行していた時だった。

この日は、半日だけ列車の撮影をやってみようと、午前中早い時間に西鉄電車の朝倉街道(だったと思う)で下車してこの場所へ。

485系の赤いかもめや76重連の貨物列車。ハイパーサルーンや811系と見るものがすべて新鮮に見えた。

やがて、寝台特急「はやぶさ」が通過して、いよいよ「みずほ」が通過したら撮影はおしまいだ。

この列車の通過直前に地元の撮影の人が何人か築堤横に入って行った。

「あれ?もしかしたら「みずほ」はサザンクロス機か?」

やがて、遠目に「みずほ」が見えてきたが、銀帯がない。

「もしかしたら…!」

やっぱりサザンクロス機先頭だ。

ポイント近くでシャッターを切った。

撮影し始めたころだったので、手ごたえ以前に、サザンクロス機牽引の「みずほ」が撮れたことがうれしかった。

偶然ではあるが、私が乗った日の下り「あかつき」がこの機関車だったのだ。

まさか、ここで再度お目にかかれるとは思ってもいなかった。

この後、列車は廃止。ほどなくして機関車も解体されてしまった。

写真は大したことないものの、晩年の「サザンクロス」機のED7678が、寝台特急を牽引する姿を残せたことが何よりもよかった。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

雪の日だからこそ撮影に…。

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

夕暮れ時に通過する貨物列車

ef65212101
(写真)国道を通過する貨物列車。果たして、いつまで拝めるのだろうか?
新金線 新小岩(信)-金町にて。2014年2月1日撮影。
EF50mm F/1.4 1/1000sec f:4 iso100 WB:10000K

早くも2月に入り、来月の改正の話が色々と聞こえてくるようになった。

特に貨物列車は気になる話が多く、目が離せない。

その中でも、特にEF65PFやEF641000の受け持つ列車は、運用持ち替えが発生する可能性が高い列車があり、

「いよいよかな?」

と思ってしまったりする。

今日紹介する1枚は、夕方早い時間に通過する96列車を、水戸街道の踏切近くの歩道橋から雰囲気重視で撮影したもの。

本来は夕日バックで縦アングル機関車アップを狙っていたのだが、ここ何年かの間に新金線の踏切近くの線路端には、障害検知装置やら、俗にいう「トウモロコシ」やらが立ってしまって、とても踏切からの撮影が絶望的な状況になっていて、すっかり参ってしまった。

水戸街道近くの踏切でしばし考えた挙句、近くに歩道橋を発見。

「そうだ!歩道橋から撮影しよう。雰囲気重視で。」

歩道橋に上ると、踏切が鳴り出してしまい、時間がない。

50㎜でWBを10000Kまで上げて、夕暮れを強調した露出を決めた。

「このくらいで…。」

と、手持ちでアングルを合わせたら、列車は通過。

撮影した後、あまり手ごたえがなかったのだが、家に帰ってからチェックすると、

「意外と悪くはない。雰囲気重視で撮ってよかった。」

都内のごちゃごちゃした雰囲気も出せたのではないだろうか。

昨年春の改正で鹿島行は2往復に減便されてしまい、日中は踏切が閉まるところを見られること自体が珍しい新金線の踏切。

こんな光景も、いつまで見られるのだろうか?

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR