スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道寝台特急最終章へ…。(6)

casi8009060901
(写真)道内の秋口の天気は周期的だ。曇りとなれば、こういう絵もアリかも?寝台特急「カシオペア」。
室蘭本線 北舟岡にて。2006年9月20日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250sec f:4.5 ISO:400 動体予測機能併用。

道内の秋口の天気は周期的だ。

うまい具合に晴れの日が続けば、朝の寝台特急列車群からいい感じで撮影できるのだが、実際には中々そういかないこともある。

今回紹介する写真は、2006年の秋口に北海道に渡った時に撮影したもの。

この日は、朝方に前線が通過したばっかりで、起きてみたら、雨は上がったものの、風が強くてはっきりしない天気。

「さぁ、困った…。曇りか…。」

となれば、

「空を覆い隠して、晴れたら影が出てダメな場所。」

で撮影するしかない。

以前から考えていた、北舟岡駅の歩道橋上から撮影するアングルで行くことに。

現場に到着したものの、海からの風が強くて肌寒い。しっかり押さえていないと、三脚が飛ばされそうだ。

三脚とレンズをセットして、実際にアングルを固めていく。

時計は7時を過ぎた。間もなく「カシオペア」が通過する。列車接近の放送が鳴る。

やがて、画面左奥からDD重連と「カシオペア」の客車が見えてきた。恐らく編成は直線に載るだろう。

決めていたところからやや手前からピントを追わせて、キリのいいところから切り始めた。

結果はごらんのとおり。

普段あまりこういう絵は撮らないのだが、DD重連が圧縮されて、編成が直線状になった。

ただ、別の意味で、旅客DD重連牽引列車の魅力を伝えられたような気がする。

ここの所、ブログで北海道寝台特急列車の話を中心に書いているのだが、改めて撮った写真を見返すたびに、

「やっぱり、DD星ガマ重連の寝台特急列車が好きなんだなぁ。」

と思ってしまうのである。

北海道定期寝台列車運転終了まであと5か月余り…。

過去のライブラリが中心になってはしまうけど、今まで思いをぶつけてきた写真をできる限り紹介していきたい。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 カシオペア

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから21年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。