北海道寝台特急最終章へ…。(8)

北斗星5号990302
(写真)この場所は、春先にしては比較的雪が少なかった。「北斗星5号」
室蘭本線 長万部(旧旭浜)-静狩にて。1999年3月撮影。

3月上旬、既に「北斗星5号」の時間で半目になってしまう。正面に日がさす時間は短い。

北海道寝台特急列車終焉に向けて、魅力ある冬の走りの写真も記録に残すのも悪くないのではないのだろうか?

雪・DD星ガマ重連・寝台…。

この3拍子がそろうと、写欲が増すのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 北斗星 DD51

北海道寝台特急最終章へ…。(7)

北斗星5号99年春01
(写真)撮影当時、3月上旬でこれだけの雪が期待できた。「北斗星5号」(当時)
室蘭本線 小幌-礼文にて。1999年3月撮影。

早いもので、今年も残すところあと1か月余り。年齢のせいなのか?!本当に1年1年が早く感じるようになった。

年が明ければ、いよいよ北海道寝台特急定期列車終焉へのカウントダウンが始まる。

今思えば、1995年3月に初めて北海道寝台特急を撮影してから来年で20年。本格的に撮影を初めて15年。

あらゆる季節に出かけては、あらゆるシーンを刻んできた。

もちろん、夏の走りも好きだけど、冬の白銀の世界の中を駆ける寝台特急が、より一層魅力的なのだ。

これが撮影したくて、何年もの間、雪のある時期に撮影に出たのだ。

写真は、まだ「北斗星」が3往復あった頃のしんがりを務める「北斗星5号」。

さすがに冬期間でも、この列車の時間になると、日も高くなり、撮影したいエリアも広くなるので、撮影ポイントの選択肢も広がるというもの。

この頃は、まだ撮影を初めて間もない頃で、この場所でシャッターを押したかったのだ。

出来はさておきとして、冬は写欲が増してやる気が出てくるのだ。

いつも思うのだけど、冬は列車を一層魅力的に見せてくれるのだ。何とも不思議なものなのだ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 北斗星

「北斗星」推回列車を撮影する。(1)

推回2列車141110
(写真)ほぼ毎日こんな姿が見られるのも、来春までだ。
京浜東北線 鶯谷にて。 2014年11月10日撮影。

早くも11月。「北斗星」定期列車運転終了まであと5か月を切った。

これからの時期、鶯谷は上り列車と推回列車は順光になるので、撮影にはいい時期なのだが、最近では推回列車の通過時間近くになると、ポツリポツリと撮りに来る人を見かけるようになった。

「カシオペア」は検査入場中で、列車設定そのものがなく、下手をすれば、「北斗星」すら、新幹線絡みの試運転で運休日があるにもかかわらず、撮りに来る人を見かけるようになったとなると、「北斗星」の終わりの時が近づいてきていることを実感する。

今まで、北海道場面を中心に記録し続けてきた「北斗星」。

本州場面で、終着駅近くで撮りたいと思っているシーンを残せたらいいかなと思っている。

徐々にだけど、定期運転が終わる日が迫りつつあるのだから。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 北斗星 EF510

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR