かろうじて3月改正を乗り越えた「北斗星」

北斗星下り141001
(写真1)定期運転は終わるものの、8月22日札幌発まで「カシオペア」の裏スジで週3日運転(運休日あり)で走る「北斗星」。
室蘭本線 北入江(信)-有珠にて。2014年10月撮影。

3月改正以降の「カシオペア」・「北斗星」の運転日が発表された。

北斗星」の運転日は、「カシオペア」の裏スジで週3日走るが、3月14日~4月1日は列車設定がない。

さらに、繁忙期に列車設定のない日があるので、撮影に出たところで空振りという状況もあり得るのだ。

上野発8月21日、札幌発8月22日が最終運行になることも発表された。

夏の終わりとともに、いよいよ「北斗星」も終焉を迎える。

限られた運転日である手前、事前にきちんとチェックしておきたい。

北斗星上りEF51051501
(写真2)改正後のダイヤは、上野発車場面は下り「カシオペア」の時刻で出発するので、撮影はしやすくなるか?
東北本線 尾久-上野にて。2014年撮影。

注目は列車ダイヤだ。「カシオペア」とダイヤが共通になるのだ。

特に下り上野~青森は、かつての「北斗星1号」の時のようなシーンが撮影できるということなのだ。

これは日が長くなる時期には大きい。

また、青森~札幌は、今の「北斗星」のスジに代わる。

そのため、今まで「カシオペア」では、青函場面の撮影が夏至前後わずかな期間に限定されることなく、多少の猶予が出てくるために、ED79牽引場面を捉える機会が増えるということだ。

特に夏至時期のわずかな時期しか撮影できない「カシオペア」のED79の撮影機会が、通過時間繰り下げのおかげで津軽線場面で増えると思われ、これは最後の夏の贈り物?!になるかもしれない…。

上り列車は全区間今の「カシオペア」のスジに代わる。

これは、日の長い時期では千歳線・室蘭線での記録がしやすくなることを意味する。

今の「北斗星」のダイヤではきつかったところでも、記録がしやすくなるのではないだろうか?通過時間が1時間早いのは大きい。

3月改正以降、北海道寝台特急は1本運転になってはしまうものの、まだまだ8月までは撮影の機会があるような気がする。

まだまだ記録出来る余地はありそうである。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 北斗星 DD51 EF510

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR