さよなら「北斗星」!Final Cut~復活した「北斗星」(完)~

北斗星下り150819
(写真)最後は「私らしい。」といわれるこのカットで。下り「北斗星」。
東北本線 上野-尾久にて。2015年8月19日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.2× 1/250sec f:8 ISO:500 AWB 動体予測機能併用。

最後はこの絵を撮って終わろうと思っていた…。

このブログを長く見に来ている人は、

「あぁ、私らしい絵だなぁ。」

と思われていることだと思う。

実は、この絵もやっておきたかった絵の1枚なのだ。

場所は井堀信号所近くのいつものポイント。

この場所で何度も撮影しているのだが、意外と縦の絵を残していない。

以前撮った「カシオペア」の絵を眺めるたびに、

「格好いい絵が撮れるではないか!出来るなら「北斗星」でやってみたい…。」

ましてや、ここの所HMはずっと金縁「北斗星」…。これがわかる絵にしたかった。

「この絵を撮って〆ることにしよう。」

列車が見えてくると、ファインダーに入って来たところから、思いを込めてシャッターを切り続けた。

結果はご覧の通りで、金縁「北斗星」HMを誇らしげに掲げるEF510の姿を捉えることができた。

不思議なもので、撮影を終えて列車を見送ったのち、久しぶりにある種の満足感みたいなものがあった。

撮影に出ていて、久しぶりにそういう感覚になれた。

プレビューを見ると、いい姿を捉えたとは思うが、やっぱり何かさびしい。

「この姿での走りは、もう見られないんだ…。」

このブログがアップされると、寝台特急「北斗星」の上り最終列車が上野に到着し、登場から27年5か月の活躍に幕が下りる。

今思い返しても、平成2年の春に初めて上り列車でロイヤルに乗れたこと。そのあと何度か上り列車狙いで乗ったこと。

約20年程前の春(このころ、まだ撮る人たちには注目されてはいなかった。)この列車を撮影し始めたころ、北海道場面での撮影で楽しかったことや、(特に春先の撮影で)苦しかったこと、他の人がやってなさそうな絵が撮れた時の楽しさ…。

季節が変わるたびに北海道を訪れては、いろんなシーンを求めて撮影していたこと…。

当時、行った先で人に会うことはほぼ皆無で、たまに会えばプロカメラマンか、地元で専門に撮っている人のいずれかだったこと…。

撮影仲間に連れて行ってもらっては、南東北や北関東場面で撮影できたこと…。

この列車への思いは尽きない…。

これからは、心の中で、思い出の中で走り続けることになるだろう…。

ありがとう「北斗星」!さよならブルートレイン!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 北斗星 EF510

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR