貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線3)

2095050601
(写真1)2095列車(当時)は途中駅での停車時間を使って先回りが出来た。
下り「まりも」も行った後なので、これに専念できる。
根室本線 直別-尺別にて。(特記以外2005年6月23日撮影。)

古瀬-音別の海岸線で下り「まりも」を見送った後は、途中で抜かれた2095列車を撮影しに厚内方向へ車を走らせるが、あまり時間がない。

結局、直別駅近くの踏切から出てくる2095列車を撮影した。

この日は原色機がやってきた。DD51が見られるだけでいいと思ってはいたのだが、原色が来るとうれしいものだ。

この列車を送ったら、車で次の場所へ移動する。

実は2095列車、途中の停車が何か所かあるので、そのたびに先回りができる列車なのだ。

2095050602
(写真2)音別の海岸線にやってきて2発目を押さえる。音別の停車中に先回りして間に合う。
根室本線 音別-古瀬にて。

写真2は音別の停車中に先回りして、先ほど「まりも」を撮ったところから2095列車を捉えた。

「まりも」の通過後に少し霧が出たけど、許容範囲だ。

白糠で停車するので、さらに先回りする。

2095060603
(写真3)白糠の停車中に先回りして撮った一枚。
根室本線 白糠-西庶路にて。2006年6月撮影。

多少のタイミングがあるのだけど、白糠停車中に先回りして撮ることができる。この日は更新機が先頭だった。

さらに西庶路での列車行き違いの停車中に先回り。

2095050604
(写真4)最後は庶路駅手前のカーブから狙って〆る。
根室本線 西庶路-庶路にて。

2095列車の最後は庶路駅近くの踏切で捉えた。

このカーブは、かつて「北斗星まりも」等で何度も来ている踏切だ。

ある意味、編成の長い列車を格好よく撮るにはいい場所だ。

この列車を撮影すると、朝の撮影が終わる。ようやく朝ごはんだ。

午前4時から6時半までが道東釧路方面撮影の楽しみだったことが、今更ながら懐かしく想い出される。

道東方面の6月。朝から晴れてくれることが本当に少ないので、起きた時点で晴れていれば、早起きした甲斐があったものだ。

そんな早朝時間の貨物列車も、現在では通過時刻が繰り下がっているので、撮影はしやすくなっているのではないだろうか。

しかし、DD51の姿を見ることはもうできない。

ある意味、いい時期にデジタルで記録できてよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線2)

2093050601
(写真)根室本線で帯広貨物駅以東を走る貨物列車を撮影するには、早朝が勝負だ。写真は2093列車(当時)
根室本線 古瀬-白糠にて。2005年6月23日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ 1/320sec f:4 ISO:250 AWB

この当時、根室本線帯広貨物以東の下り貨物列車といえば、3本中2本までが早朝に新富士に到着する。

特に、最初に到着する2093列車は早朝5時前後に新富士着なので、走りの写真を捉えるとなると、本当に日の長い時期に限られる。

しかし、6月の道東方面。天気は中々うまくはいかない…。

朝起きたら、雨が降っていたり、曇っていたり、晴れ予報にもかかわらず、濃い霧が立ち込めて撮影できずとかあったのだ。

車で寝ていたのに、朝起きたらがっかりなんてことが何度もあった…。

この日は前日夜に白糠の国道沿いの道の駅で寝ることにして、起きたのが午前3時40分。

6月下旬、この日は珍しく、すでに東の空が明るくなってきていた。

「これはいけるぞ!」

早速車で移動開始するが、通過時間を逆算すると、あまり時間がない。

早朝で、日の向きがいい場所が限られている。

白糠駅近くから、線路沿いの側道に入って眺めてみると、何とかなりそうだ。

時計は4時10分を過ぎている。定時なら、ほどなく列車が来る時間だ。

急いでセットして画角を合わせて、露出を決める。

やっとセットし終わったのもつかの間、踏切が鳴り出した。

やがて、右端からDD51が顔を出した。定時だ。

次位以下コンテナは満載。ピントを置いたところからシャッターを切った。

結果はご覧の通りだが、早朝4時台に通過の2093列車。ようやく捉えることが出来てほっとした。

本当に撮影するのが難しい列車だったので、撮れた時はすごくうれしかったことを覚えている。

現在、根室本線の貨物列車は、最初の便の新富士(釧路貨物)着が午前7時前後なので、ここまで早起きする必要はなくなった。

当時の早朝撮影は、2093列車・まりも・2095列車と、早朝1時間半くらいで3本イケるので、撮影効率がいい。

次回は、当時2番目に新富士に到着する2095列車(当時)についてコメントしていく予定です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線1)

根室専貨下り9503
(写真)撮影を始めた頃、帯広貨物以東にも専用貨物列車の設定があった。
しかも、道内で現役で活躍するトキ25000の姿が見れたのはこれが最後だったような…。
根室本線 白糠付近にて。1995年3月撮影。

旧鷲別機関区所属の最後のDD51が運用落ちしてから、間もなく1年…。

彼らが道内主要各線で活躍していたころの写真を紹介していきたい。

最初の写真は、釧網線へ継走される貨物列車の写真だ。

まだ釧網線で貨物列車があった頃のもの。

この列車自体、1997年頃までは設定があったような気がする。

白糠辺りを夕方早い時間に通過するのだが、まだ3月上旬。日が傾きだすと風が冷たいのだ。

完全な逆光だけど、夕日がきれいだったので、光線に関係なくシャッターを切った。

今では、釧路貨物(新富士)から発送の貨物列車は1日3本。

燃料輸送を含む車扱貨物は見る影もなく、釧網線への継走も、DD51もすでに過去のものになった。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

(予告)貨物北海道支社で活躍したDD51(フィルム主体)

貨物旧鷲別機関区で最後まで頑張っていたDD51の運用が終わって、間もなく1年…。

旅客のDDよりも活躍線区の多かった貨物北海道支社のDD51達…。

旅客のきれいなDDとは違って、常に煤まみれ、色褪せまくりのDDはたくましく見えた…。

原色・エンジン更新機・青更新・赤更新…。

こんなにバリエーションが楽しめた機関車は他にあっただろうか?

しかし、相次ぐDF200の投入や、貨物輸送の整理の波に巻き込まれて姿を消しました。

彼らの活躍していたころの写真(フィルム中心)に最近まで記録した写真にエピソードを交えつつ、紹介していきます。

一部HPの写真とダブるかもしれませんが、来週火曜頃からアップする予定です。

お楽しみに。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

「カシオペア」、半定期運転終了へ。

いよいよ来てしまった…。来春の新幹線開業で、「カシオペア」が実質廃止されることになった。

昼の特急は新幹線になるわけだけど、これで客車の寝台特急列車が消滅することとなる。

ただ、改正後も年に数往復程度運転としているところがポイントだ。

となると、機会は少ないながらも、EH800に牽引される「カシオペア」が拝めるかもしれない…。

最後の北海道直通寝台特急の姿を、機会があれば紹介していきたい。

(補足)9月16日付で公式発表がありました。

新幹線切り替えに伴う運休が絡むことから、恐らく3月20日上野発、折り返し21日札幌発が最終列車になる可能性が出て来ました。

はまなす号は、遅くても、20日札幌発、21日青森発が最終列車となる可能性が出てきました。

tag : カシオペア

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR