スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨物北海道支社で活躍したDD51(根室本線3)

2095050601
(写真1)2095列車(当時)は途中駅での停車時間を使って先回りが出来た。
下り「まりも」も行った後なので、これに専念できる。
根室本線 直別-尺別にて。(特記以外2005年6月23日撮影。)

古瀬-音別の海岸線で下り「まりも」を見送った後は、途中で抜かれた2095列車を撮影しに厚内方向へ車を走らせるが、あまり時間がない。

結局、直別駅近くの踏切から出てくる2095列車を撮影した。

この日は原色機がやってきた。DD51が見られるだけでいいと思ってはいたのだが、原色が来るとうれしいものだ。

この列車を送ったら、車で次の場所へ移動する。

実は2095列車、途中の停車が何か所かあるので、そのたびに先回りができる列車なのだ。

2095050602
(写真2)音別の海岸線にやってきて2発目を押さえる。音別の停車中に先回りして間に合う。
根室本線 音別-古瀬にて。

写真2は音別の停車中に先回りして、先ほど「まりも」を撮ったところから2095列車を捉えた。

「まりも」の通過後に少し霧が出たけど、許容範囲だ。

白糠で停車するので、さらに先回りする。

2095060603
(写真3)白糠の停車中に先回りして撮った一枚。
根室本線 白糠-西庶路にて。2006年6月撮影。

多少のタイミングがあるのだけど、白糠停車中に先回りして撮ることができる。この日は更新機が先頭だった。

さらに西庶路での列車行き違いの停車中に先回り。

2095050604
(写真4)最後は庶路駅手前のカーブから狙って〆る。
根室本線 西庶路-庶路にて。

2095列車の最後は庶路駅近くの踏切で捉えた。

このカーブは、かつて「北斗星まりも」等で何度も来ている踏切だ。

ある意味、編成の長い列車を格好よく撮るにはいい場所だ。

この列車を撮影すると、朝の撮影が終わる。ようやく朝ごはんだ。

午前4時から6時半までが道東釧路方面撮影の楽しみだったことが、今更ながら懐かしく想い出される。

道東方面の6月。朝から晴れてくれることが本当に少ないので、起きた時点で晴れていれば、早起きした甲斐があったものだ。

そんな早朝時間の貨物列車も、現在では通過時刻が繰り下がっているので、撮影はしやすくなっているのではないだろうか。

しかし、DD51の姿を見ることはもうできない。

ある意味、いい時期にデジタルで記録できてよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 貨物列車

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから22年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。